ブログ ブログの始め方 ブログの書き方 ブログの稼ぎ方

初心者向け:ブログの記事を読みやす書く【4つの心得と6つのコツ】を解説します。

初心者向け:ブログの記事を読みやす書く【4つの心得と6つのコツ】を解説します。
まう
これからブログを書くために意識する事を教えてください。文章も苦手だしさっぱりわかりません。。

 

うた
そんな疑問に答えます👍

 

こんな悩みを解決します

ブログ初心者

ブログ初心者くん

  • ブログを書いているけどアクセスが集まらない
  • 初めてブログを書くけど根本よくわかっていない
  • 読者はどんな記事を読んでくれるかわからない
  • ブログってむずかしそうと思い行動に移せない

この記事の内容は?

  • 読者はわがまま野郎だから最大限に寄り添う考え方
  • ブロガーは究極にお節介野郎になるべき理由
  • 読者ファーストにする心得4つ
  • 読者が読みやすい文章を書くコツ6つ

エモいブログへようこそ。本記事の信頼性

【ブログ歴8年,美容師歴13年】フリーで美容師をやりながら、ブログでご飯を食べています。フリーランス向けのブログ集客や副業ブログの始め方などを中心にブログを更新していきます。ブログについて疑問などがあれば気軽にTwitterからDMください。

 

これからブログを書く、あるいはすでにブログを書き始めているけど、いまいち「どんな事を意識してブログを書けばいいのかわからない」という悩みを持つ方のために今回は記事を書きました。

 

まず、最初にお伝えすると現実的にわかりやすいように「わがまま野郎だのお節介野郎」だの不適切な表現を使っているのでご注意ください。

 

結論から言いますと「読者はわがまま野郎、ブロガーはお節介野郎」になる事で読者の気持ちに寄り添い読みやすい、読まれるブログを書く事ができると僕は思っています。

 

ブロガーは究極にめんどくさい仕事ですがお金になりますので、ブログで稼ぐために本気の方はこの先読み進めてください。

 

それでは、本題にはいります。

 

Let's Go!!!

 

読者にとって読みやすいブログを書くためには?【読者ファーストになる事が大切】

読者にとって読みやすいブログを書くためには?【読者ファーストになる事が大切】

読者にとって読みやすいブログを書くためには?【読者ファーストになる事が大切】

結論、自分の記事を読むだけで抱えている問題を完璧に解決させる事です。

 

はい、普通にそれは無理ゲーです。ですが、なるべく完璧に近づくように努力する事はできますね。

 

具体的に何を意識すればいいのか少し細分化します

 

読者の心理

  • なるべく1つの記事で問題を解決したい
  • めんどくさいのは嫌だ
  • 流し読みは当たり前
  • もっと深くしりたい
  • 漢字が苦手
  • 読解力が低いからシンプルにしりたい
  • 時間がないから早く教えて
  • モタつかないで欲しい

 

そう、つまり究極にわがまま野郎なんです。言い出したらキリがないので単刀直入にいうとこうなります。

 

うた
ブログを使って目的を達成させたいなら、わがまま野郎のわがままを自分の最大限で聞いて読者に寄り添ってあげましょう!

 

自分もあなたも同じで、知りたい欲求はみんなあるし大切な事なので、わがまま野郎とか言ったらダメですね。

 

でも、わざとこの言い方で説明したら本質的に読者満足度とは何かわかってもらえたと思います。(たぶん)

 

好奇心とは「情報の空白」に対する反応である
(心理学者ジョージ・ローウェンスタイン教授)

 

ブロガーはめんどくさい仕事ですが、人の当たり前の欲求に寄り添えた人が勝者です。

 

これから、ブログ歴8年の僕がコツとNGなマインドをまとめて伝えていくので、記事を書く事になれるまで何度も見てもらえると嬉しいです。

 

読者が読みやすいブログを書くための【心得は4つだけ】

読者が読みやすいブログを書くための【心得は4つだけ】

読者が読みやすいブログを書くための【心得は4つだけ】

うた
記事なんて堅苦しい事を考えない方が意外とすらすら書けるようになります。

 

べつに読者はお客様扱いして欲しいわけじゃなくて、知りたい事を知りたいだけで超絶的にシンプルなんです。ただし読者によって悩みは違うので100%は不可能です。

 

なので「シンプル、わかりやすい、簡単、専門的」に記事を書く事を意識すればOKです。そして、活字離れして読解力が下がっているので「むずかしい言葉と漢字は使わない、専門用語を連発しない」に気を付けて「論理的な説明でストレートにゴールまで導き理解できる」ように記事を書いてあげる事を意識すると読者の満足度が高い高品質な記事に近づく事ができます。

 

うた
ラフな感じで本気でブログを書く事が大切です。

 

①:読者が読みやすいブログの文章は【Simple is Bestがベスト】

まず、自分の立場になって考えてみてください。

 

もし、自分に調べたい事がある時にどんな事を考えて検索するでしょうか?

 

無意識ですがとにかく早く知りたい、余計な情報はべつに今はいらない、簡単な内容で詳しくしりたいと僕だったらそう思います。

 

めんどくさいかもしれませんが、30秒程でいいので目を閉じて想像してみてください。

 

自分の知りたい情報に対して「こんなブログだったら読みやすい、こんなブログだったら嫌だな」など、自分が読者の立場になってみると少しわかると思います。

 

完璧な答えなんてないのですが、読者の気持ちに寄り添う努力をしてみるだけでも読者ファーストな記事はどんな文章で書いたらいいのか行動に移しやすくなるはずです。

 

自分なりに親切な記事を書いてあげる事ができますね。あとは慣れるだけです。

 

うた
とにかく、簡単でシンプルだけど専門的に詳しく書いてあるブログは読者から好まれます!

 

②:ブログを書く相手を考える。記事を読む読者は素人です【読解力が低下した現代人】

調べ事をしている読者は、むずかしい事や専門用語を知りたいわけではありません。

 

うた
読者は専門的に詳しくしりたいだけです。

 

これは、誰に向けてブログを書くのかで左右されますが「自分と同等以上の人に向けて書くのか、完全素人に向けて書くのか」で変わります。

 

相手が素人なら単純にむずかしい事とか専門用語を使われると、他に調べないといけない事が増えてめんどくさく感じてしまいブログを読んでもらえません。

 

それに僕もそうですが、基本的に漢字は嫌いです。。。なので、中学生でも理解できるぐらいのレベルの漢字を使うのがポイントです!それと謎に画数が多い漢字は使わない方がいいです。

 

文章が固く見えてしまい頭が痛くなります。

 

なので、ブログを書くときは「読解力が低く漢字も苦手で読書もあまりしないけど、自分の知りたい事は知りたい」という人に向けてレベルを合わせて書く事がポイントです!

 

つまり何が言いたいのかわかりますね?

 

うた
わがまま野郎にわかりやすくブログを書いてあげましょう!(口が悪くてすいません)

 

③:ブログなんて書けない!文章が苦手だからは嘘です【PREP法で解決】

文章と考えるとむずかしいですよね?

 

そこで。コミュ症の人でも明日から使える会話術を1つ教えます。「ブログは書くんじゃないの!?」いえ、会話を文字に書き起こしただけです。だから作文や小説や論文などのむずかしい事を頭に過らせる必要はないです。

 

基本的にWebライティングの基本の型で「PREP法」というフレームワークを使うと論理的にシンプルに要件や考えを相手に伝える事ができます。

 

あなたが、もしブログで稼ぎたいと思うなら1日でも早くブログを始める事をオススメします。

なぜなら、長期的に運営する事でブログは金脈化します。それと、ブログを書いていると論理的な思考で考える事ができるようになり、自分自身のスペックも上がります。

僕も実際に今では金脈化したブログを持つ事ができて、フリーの美容師をやりながらのんびりと暮らしています。ペットの猫も一緒にいれる時間が長いので喜んでくれてるので生活が充実しています。

なので、ブログは正しく運営すれば6カ月程度で結果が出るので、1日でも早く重たい腰を上げてブログを始めた方がいいですよ。

 

これがPREP法です。POINT(結論)Reason(理由)Example(具体例)Point(再結論)

 

シンプルにストレートに相手に要件を伝える事ができて説得力もあります。

 

作文が苦手とか関係ないですよ。

 

僕は小学生の時に2年生から6年生までコピペした読書感想文を提出していました。それぐらい昔から壊滅的に苦手意識がありましたが、今ではブログを書いてご飯を食べる事ができています。

 

うた
まだライティング法は他にもありますが、とりあえずPREP法を理解できたらOKです!

 

④:読者満足度の高い記事とはなんじゃらほい?【わがまま読者に全力で寄り添うだけで十分です】

つまり「読解力の低した現代人に対して全力で寄り添って自分なりに優しく詳しく教えてあげましょう!」という事です。

 

べつにサービスの良し悪しなんて関係なくて知りたい事を知りたいだけです。

 

親切にお節介野郎になれば解決します。

 

自分の「おばあちゃん、お母さん」を想像してみてください。「あれ食べるかい?、じゃあコレ食べるかい?、体は悪くしてないかい?、あれはしたのかい?、こうした方がいいよ!」など言ってしまえばキリがないのですが、愛情があるから心配して思ってくれて口うるさく言ってきますよね。

 

あーだの、こうだの言ってきてお節介ババアですよね。(ごめんなさい。)

 

別に困っていない事でも教えてあげたり、今食べたくない時でも食べさせようとしてくれたり。お節介はあなたの事を思ってくれているから、次々と問題提起してくるんですよね。

 

つまり!大切なのは読者に寄り添って次々と問題提起してあげる事で読者ファーストの満足度の高い記事を書く事ができます。

 

わがまま野郎に対して、とことん口やかましいお節介ババアになったつもりでブログを書いてあげましょう。

 

大丈夫!問題提起しても自分に興味がない事ならツラっとシカトしてくれるので。親切はどれだけしても嫌われませんよ。

 

うた
読者は、なんでなんでマンなのだ。

 

読者はブログを最後まで読まない【読みやすいブログを書く6つのコツ】

読者はブログを最後まで読まない【読みやすいブログを書く6つのコツ】

読者はブログを最後まで読まない【読みやすいブログを書く6つのコツ】

どんなブロガーでも共通する事です。

  • 流し読み
  • 興味がない
  • 浮気性
  • 集中していない

基本的に読者は知りたい事があるけど、めんどくさい気持ちが勝つためこんな感じで読者は色々な人のブログを見ています。

 

わがまま野郎のクセに親切に説明してるのに、ちゃんと読んでくれていません。

 

俺のブログはなぜ読まれないんだ!と思ってもみんな同じです。一生懸命書いてもじっくり見てくれる人は少ないんですよね。

 

なので、これから読者がなるべくブログを読んでもらえるような工夫について説明していきます。

 

①ブログを書く時に文字ばかりだと飽きられる【画像を使用する】

あなたが誰かのブログ読む時に文字ばかりだとキツくなりませんか?

 

つまり、飽きるんです。

 

なので、途中で画像をはさんであげる事でなるべく飽きさせない工夫をする事ができるので、見出しの下に画像を入れてあげるといいと思います。

 

うた
見出しを読んで内容をザックリ理解する→見出しの下の画像を見てこれからの展開を想像する。という流れができますよ!

 

画像を見てイメージする事で少しでも読み進めやすくなります。フリー素材や著作権フリーで使える画像サイトがたくさんあるので利用してみましょう!とにかく読者は記事を流し読みするので、重要な見出しの下に画像を入れておく事で見出しが目に止まるので読み進めてくれる可能性が高くなります。

 

うた
記事のイメージに対して画像を使うと読みやすくなるので自分がいい感じだと思う画像を使ってみましょう!

 

②文章に集中させるために文字を使い分ける【色や大きさに変化をつける】

ブログは堅苦しく書いたらダメです。

 

文字の装飾を使うことで「重要なポイント、自分が注目してほしい事」など色や大きさによって目を引く事で注目してくれるようになります。

 

黄色太文字の4つぐらいを使えるだけで十分です。

 

使いすぎるとガチャガチャするので注意は必要ですが、程よく自分で大切だと思う文章を強調する事で読者の頭にも入りやすくなるので意識して使ってみてください。

 

③文章は会話調の方が読んでくれやすい【吹き出しを使うと解決】

友達とLINEするぐらいの感覚で会話調にするのもテクニックです。

 

うた
WordPressはプラグインを導入したり、テーマの機能で吹き出しを記事に使う事ができるから活用した方がいいよ!

 

まう
どうしてですか?

 

うた
ブログを読む読者は飽きやすく「でも知りたい事は知りたいとわがまま野郎」だから少しでもストレスなく文章を読み進めやすいように工夫してあげた方がいいんだよね。

 

という感じで時々会話調に吹き出しを使ってあげると読みやすくなりますよ。

 

④文字を詰め込み過ぎない【2~3行で改行する】

改行はとても大切です。

 

Webライティングは文字の詰め込み過ぎは本当に読みにくくなります。新聞って読みにくくないですか?

 

僕の場合はすぐに改行を使い文字と文字の間隔を開けています。

 

自分でも読みにくいし、たぶん読者も読みにくいはずなので、長くても2~3行ぐらい続く文章なら一度改行をいれてあげると文字を読む事に対してのアレルギーを少し緩和させてあげる事ができます。

 

うた
気を隠すなら森の中という言葉は知っていますか?

 

森の中に1本の木を植えるのと、街中に気が生えているのでは後者の方が見つけやすいのと同じで、文章が続き過ぎると大切な事まで隠れてしまいがちになってしまいます。

 

改行にはとくに決まりがあるわけではないのですが、まず自分で記事を書いたらプレビューをして自分が読みやすいか読みにくいのか判断して決めてみてください。とくにスマホから読者はブログを見る可能性が高いのでPCとスマホの両方から記事を確認するようにするといいですよ!

 

⑤文章に句読点をつけて文字を読みやすくする【、や。を使う】

句読点の使い方は僕も正直苦手です。。

 

ですが!読者に見やすくする事を意識して使えば多少間違っていてもOKです。

 

なにが重要なのかというと、見やすいく文章の流れのテンポを一定に保ってあげるようにする事です。僕がこのトピックに関して詳しく書けるほどの頭を持ち合わせていないのでプロの方の記事をみて理解を深めてください。笑

 

 

僕もたまにわからなくなった時に調べています。(10年もブログをやってるクセに)

 

だいたい、読解力が低いという事を想定して書くなら句読点のつけ方なんてあまり気にしていないと思います。

 

うた
重要なのは読みやすい文章で読者に伝わる事です。

 

⑥です。ます。の使い過ぎの語尾に気をつける【ですますマンに注意する】

大丈夫!僕もいまだにやります。笑

 

でも、記事を公開して読者に読まれる頃には直しています。文章が不自然になりますからね!

 

同じ語尾が連続しないようにするためには、ズバリ見直すだけです。

 

集中して書いているとよくやってしまうのですが「見出しを1つ書き終えたタイミングで見返す、記事を全部書き終えたら見返す」などルールを作ればミスは減らせるはずです。

 

僕はブロガーです。

そしてフリーランスの美容師です。

そして猫が好きです。

「です。」の連続に注意。

 

僕はブログを書きます。

フリーランスで美容師もやっています。

時間に余裕があるので猫とよく遊んでいます。

「ます。」の連続に注意。

 

うた
自分で書いた文章を見直す事で「です。ます。マン」になる事を回避できますよ。見直しはImportantです。

 

読者に読まれるブログを書くためについて【まとめ】

読者に読まれるブログを書くためについて【まとめ】

読者に読まれるブログを書くためについて【まとめ】

うた
どんなブログが読まれやすいかまとめます。

 

ブログを読む読者は「知りたいけど、めんどくさい気持ちが強いわがまま野郎」です。なので以下の事を注意しましょう!

 

 

めんどくさい事ほどお金になるんです。ビジネス親切でいいので問題提起した回数だけ勝者に近づきます。優しく親切にお節介野郎になってあげましょう!

 

読者にとって読みにくいというストレスを与えてしまうと、どんなにいい事を書いても見てもらえません。なので、少しでも読みやすいブログを書く事を意識して読む側の気持ちに寄り添ってあげましょう!

 

 

今回は汚い言葉を少々使いましたが、当たり前の裏にはとんでもなくめんどくさい事が多いという事です。めんどうな事って誰もやりたがらないから価値があると僕は思っています。

 

僕らも誰かの親切のおかげで情報を手に入れる事ができるんですね。

 

だから、みんなわがまま野郎なんです。

 

ブログは一回の親切は記事を消すまで一生残るので間違いなく資産価値がつきます。毎日更新なんてしなくていいので時間をかけても読者に価値のある記事を書くと半永久的に報酬が発生するで美味しいんです。

 

うた
勝者になりたければ、コツコツと親切を積み重ねて得を積んでいきましょう!

 

今回は以上になります。おつかれさまでした。

-ブログ, ブログの始め方, ブログの書き方, ブログの稼ぎ方
-,