ブログのアクセス数を上げる ブログの書き方

【クリック率を改善】メタディスクリプション「書き方4つ:コツ5つ」を解説します。

【クリック率を改善】メタディスクリプション「書き方4つ:コツ5つ」を解説します。
まう
ブログがクリックされません。メタディスクリプションを上手く書けるようになりたいのですが、書き方やコツを教えてください!

 

うた
そんな疑問に答えます👍

 

こんな悩みを解決します

ブログ初心者

ブログ初心者くん

  • ブログのアクセスが伸びない
  • メタディスクリプションはどう書くのがいい?
  • メタタグの重要性をわかっていない

この記事の内容は?

  • メタディスクリプションの重要性
  • 魅力的に書く「4つの書き方」と「5つのコツを」を公開

エモいブログへようこそ。本記事の信頼性

【ブログ歴8年,美容師歴13年】フリーで美容師をやりながら、ブログでご飯を食べています。フリーランス向けのブログ集客や副業ブログの始め方などを中心にブログを更新していきます。ブログについて疑問などがあれば気軽にTwitterからDMください。

 

ブロガーを始めたけど「思うようにアクセスが伸びない」「検索順位が上がらない」「いまいち書き方がわからない」などのお悩みはありませんか?

 

今回は初心者の盲点になりやすい「メタディスクリプション」についての解説記事になります。

 

最初に言いますと、「メタディスクリプションはタイトルとセット」で読者は検索結果で見ている事が多く、メタディスクリプションで概要を魅力的に伝えることで「クリック率が上昇」します。

 

ということで、「メタディスクリプションの重要性」「書き方4つ」「コツ5つ」を解説していきます!

 

それでは、本題にはいります。

 

Let's Go!!!

 

この記事の目次
  1. メタ・ディスクリプション(meta description)とは?【通称、メタタグ】
  2. メタディスクリプションを設定するメリット【重要!効果あり】
  3. メタディスクリプションをWordPressで設定する方法3つ
  4. メタディスクリプションの書き方【基本を覚えよう】
  5. メタディスクリプションを魅力的に書くコツとポイント
  6. メタディスクリプションの質問や疑問
  7. 初心者向けメタディスクリプションの書き方【まとめ】

メタ・ディスクリプション(meta description)とは?【通称、メタタグ】

メタ・ディスクリプション(meta description)とは?【通称、メタタグ】

メタ・ディスクリプション(meta description)とは?【通称、メタタグ】

meta descriptionタグ(メタ・ディスクリプション)はHTMLタグの一種の事で、検索結果でタイトルタグと一緒に表示されるページの内容を簡単に説明する概要文のことです。

 

うた
「記事の概要を簡単に説明するための100〜120文字程の文章」で表示されます。

 

メタ・ディスクリプションはインデックスされて検索結果に表示された記事(ページ)の内容を検索ユーザーに伝える役割を持っています。

 

meta descriptionタグ(メタ・ディスクリプション)

meta descriptionタグ(メタ・ディスクリプション)の表示

 

「Yahoo!、Google、Bing」などの検索結果で以上のように表示される文章の事で、ユーザーからのブログ記事に対しての「クリック率」に関係します。めちゃくちゃ大切なので覚えておきましょう!

 

メタディスクリプションは設定しないとGoogleに勝手に判断され自動表示されるので、魅力的に記事の内容をユーザーに伝えられない場合があります。

 

うた
タイトルと同様に重要なので、記事を書く度にメタディスクリプションは設定しましょう!

 

検索結果で表示される説明文でスニペット(Snippet)という。

 

メタディスクリプションはSEOと検索順位に直接は関係しない【でも、重要ポイント】

メタディスクリプション「SEO評価や検索順位」影響するのかといえば、直接は関係ないと言われていますが、間接的には大いに影響ありです!

 

正確なメタディスクリプションはクリックスルーを向上させることができますが、検索結果内のランキングには影響しません。

出典:Google Search Central「メタディスクリプションのイメージチェンジでスニペットを改善する」

 

Googleの公式発表で、検索結果には影響はしませんが、クリックスルー(クリック率:CTRと同じ意味)には影響させると言われています。

 

シンプルにいうと「SEOに関係ないけど、人間が本能で興味が沸きクリックするかしないか決まる」と言う事なので、ブログにアクセスしてもうらためには関係あり!と言うことです。

 

メタタグについて

  • Googleは判断しない
  • 人間は反応する

 

SEOに関係なくても、アクセス(PV)が増えたらSEOにプラスの影響を与えます。

 

うた
なので、間接的にSEOに影響あり!と言うことです!

 

結論、メタディスクリプションは、タイトルと同様に力を入れて概要文を書いた方がいいので、もう少し掘り下げて説明していきます。

 

メタディスクリプションを設定するメリット【重要!効果あり】

メタディスクリプションを設定するメリット【重要!効果あり】

メタディスクリプションを設定するメリット【重要!効果あり】

メタディスクリプションが与える影響は主に「アクセス数とユーザーの質が向上」するというメリットがあります。

 

読者は「タイトル+メタディスクリプション」を見て「自分にメリットがあるか、問題の解決につながるか」を判断しています。

 

ブログのアクセス数が上がる

読者が「タイトル+メタディスクリプション」をセットで見ているとしたら、クリック率が上がるという事は言うまでもありません。

 

「メタディスクリプションを変えただけでアクセス数が大きく変わった!」という話しはよく聞きますが、1%だけでもクリック率が上がるとブログの売り上げにも影響がでます。

 

CVR(成約率)

●アフィリエイト単価が1,000円の場合 15,000円稼げる
10000PV×5%(CTR)×3%(CVR)=成約数15×1,000円=15,000円

●アフィリエイト単価が3,000円の場合 45,000円稼げる
10000PV×5%(CTR)×3%(CVR)=成約数15×3,000円=45,000円

●アフィリエイト単価が5,000円の場合 75,000円稼げる
10000PV×5%(CTR)×3%(CVR)=成約数15×5,000円=75,000円

 

うた
PV数が10100になると、CVRも上がる計算です。何十記事分のクリック率が1%上がるだけでも、アクセス数が増えたことによって、売り上げアップに繋がるということです。

 

訪問読者の質が上がる

メタディスクリプション読者のために最適化させることで、より記事の内容と悩みがマッチしたユーザーからのアクセスが期待できます。

 

うた
興味のある記事はじっくり読みたくなりませんか?

 

つまり、滞在時間が伸びます!

 

滞在時間の長い記事は、Googleの検索エンジンに評価がされやすく、ブログ全体の評価にも関係します。

 

平均滞在時間を延ばしてくれるユーザーは「アフィリエイトの成約に繋がらなくても、SEO的にいい判断と影響を与えてくれる」ので、上位表示されたことによる、新しいユーザーの獲得にも繋がります。

 

メタディスクリプションをWordPressで設定する方法3つ

メタディスクリプションをWordPressで設定する方法3つ

メタディスクリプションをWordPressで設定する方法3つ

WordPressでは、記事投稿の際にメタディスクリプションを個別に設定する事ができます。

 

メタタグの設定パターン

  • テーマの標準機能で設定できるパターン
  • プラグインが必要なパターン
  • HTMLをheadに直接書き込む

 

うた
以上の2択で、メタディスクリプションを設定できる状態にする必要があります。

 

WordPressテーマにメタタグを設定する

WordPressテーマで設定する

WordPressテーマで設定する

WordPressテーマの標準機能で設定できる場合は、下の方に設定項目があります。

 

テーマで完結する場合は、特別することはないので、自分が使っているテーマが対応できるのか確認してみてください。

 

All in One SEOでメタタグを設定する

WordPressプラグインが必要なテーマの場合は「All in One SEO」で設定することができます。

 

テーマでSEO設定ができない場合は【SEO対策プラグイン】All In One SEOのプラグインの設定方法と使い方【デメリットも公開】を参考にどうぞ。

 

Yoast Seoでメタタグを設定する

こちらもプラグインで設定する方法で「All in One SEO」と同じような設定ができる「Yoast Seo」があります。

 

 

SEO系プラグインは、テーマとの重複で相性が悪い場合があるので注意してください。

 

Meta Managerでメタタグを設定する

SEO設定ができるプラグインは若干重ためなので「メタディスクリプションためだけに、プラグインを入れたくない!」という方は「Meta Manager」がで設定する事ができます。

 

 

メタディスクリプションだけ設定できるプラグインなので、テーマとの相性が悪いなど不具合を起こす問題がありません。

 

プラグインなし。head内にメタディスクリプションを書き込む

テーマの標準機能メタディスクリプションの設定項目がなし、でもプラグインは嫌だ!という方はシンプルにhead内に書いてしまう方法があります。

 

<meta name=”description” content=”〇〇〇”>の○の部分に書くことでメタディスクリプションを書くことができます。

 

<meta name=”description” content=”『初心者向け』オススメのWordPressプラグイン20選”>

 

と書く事で設定できますが、結構めんどくさいので、プラグインが便利です。

 

メタディスクリプションの書き方【基本を覚えよう】

メタディスクリプションの書き方【基本を覚えよう】

メタディスクリプションの書き方【基本を覚えよう】

メタディスクリプションの基本的な書き方になります。

 

メタディスクリプションは何文字で書けばいい?【最適な文字数は120文字】

メタディスクリプションは何文字で書けばいい?【最適な文字数】

メタディスクリプションは何文字で書けばいい?【最適な文字数】

メタディスクリプションに最適な文字数PCスマホでは異なります。

 

目安の文字数

  • PC:100~120文字前後
  • スマホ:70~90文字前後

 

Google次第なので目安は「スマホの事を考えて80文字まで」に、読者が興味を引くような文章を書いて、最後は120文字以内に納まるようにしましょう。

 

うた
大体でOK!

記事本文を概要をわかりやすく書く【まとめる】

タイトルでは伝えきれない「補足を説明する」ようなイメージで書いてみましょう。

 

本文の内容をわかりやすくする

【ブログをより便利にするツール】WordPresプラグインの「インストール方法~使い方」まで解説いています

 

など「どんな内容?、コツってなに?ポイントってなに?」と思わせるような、説明文を意識して書いてみるようにしてみましょう。(読者の疑問や悩みが入っていた場合、より効果あり)

 

読者が得られるベネフィットを提示する【期待を持たせる】

読者のベネフィットとは「記事を読んだことの利益や恩恵」を提示してあげましょう!ということです。

 

読者が記事を見る事で「解決できる疑問や悩み」を大いに打ち出してみましょう。

 

読者のベネフィット

  • ブログ初心者の作業効率がアップするプラグイン
  • コード追記なしでプラグインで簡単に解決できる
  • 遅いブログか高速化するプラグイン

 

など、問題を抱える読者「利益やメリットを提示」する事で、読者の関心を引き付けクリック率が上昇します。

 

 

商品の機能を説明するよりも、明るい未来を想像させてあげましょう!

 

記事を書くの同じです。

 

記事の内容を読むと解決できる悩みを提示【問題の提起】

ブログにタイトルをつけて記事を書き終えたら、想定読者は決まっているはずですよね?

 

問題を提起をして「語りかけるように書く」というイメージです。

 

問題提起してみる

「WordPressを始めたはいいけど、プラグインの選び方がわからない。。。」という悩みがある方に向けて書いています。

 

うた
読者目線で検索意図から考えてあげると、心に刺さりやすくなります。

 

メタディスクリプションを魅力的に書くコツとポイント

メタディスクリプションを魅力的に書くコツとポイント

メタディスクリプションを魅力的に書くコツとポイント

「いきなり魅力的に書け!」と言われても、むずかしいと思うのでコツも解説しておきます。

 

うた
正解は無いので、堅苦しく考えないでくださいね!

 

ターゲットを必ず決めて概要文を書く【誰に向けて書いた記事?】

記事のターゲットは決まっていますか?記事構成でターゲットが明確ではなかった場合は【#ブログ書け】初心者が押さえたい!ブログ記事の書き方【苦手意識を克服しよう】をご覧ください。

 

誰に向けて書いた記事なの?

  • 記事構成の段階で決めたペルソナ
  • あなたに向けた記事だとアピール

 

プラグインの記事も「上級ブロガーに向けた記事なのか、初心者にやさしく理解できる記事なのか」想定したターゲットに合わせて「どうすれば、わかりやすい親切な説明」になるか考えてみてください。

 

うた
読者目線で思いやりを持つ!という感覚で考えてみましょう。

 

サジェストキーワードを含める【クリック率に影響あり】

サジェストキーワードを含める【クリック率に影響あり】

サジェストキーワードを含める【クリック率に影響あり】

サジェストキーワードとは「候補キーワード」のことです。

 

うた
ユーザーの検索頻度」起点となるキーワードとの関連性」に応じて検索窓に表示されるアレです!

 

サジェストキーワードを含めたメタディスクリプションを書く事で他のキーワードからのアクセスにも期待ができます。

 

自然に含めるようにしてください。

 

メタディスクリプションは考えすぎないで書く【リライトで改善】

メタディスクリプションリライトをして書き換えて検証する事でアクセス数の改善をすることができます。

 

リライトで検証する

A:【初心者向け】インストールすると便利なプラグイン20選
B:WordPresに導入すべき【初心者向けプラグイン20選】

 

意味が同じでも実際に「統計を取るために1カ月で書き換えるみる」という方法もあります。

 

ランキング付けされてから行うようにしてください。

 

メタディスクリプションに記号を入れる【目立ちやすくなる】

タイトルと同様に記号などを入れて「キーワードを目立たせる」ことで読者の関心を引く事ができます。

 

よく利用されている記号

  • 【アクセスアップの秘策】だれでも簡単にメタディスクリプションを書ける5つのコツ
  • アクセスアップの秘策を公開『だれでも簡単にメタディスクリプションを書ける』5のコツ

 

とくに括弧は使われる事が多いので取り入れてみましょう!かぎ括弧タイトルキャッチフレーズなどを強調させるために使う事ができます。

 

【日本語大丈夫デスカ?】句読点と括弧の正しい使い方を「文章を書く前に確認しよう!」で括弧の意味についても解説しているので、ご覧ください。

 

メタディスクリプションの例文【テンプレート】

「テンプレート」を作りハメるようにすると、メタディスクリプション考えるのが楽になります。

 

メタディスクリプションのひな型

例①:この記事では○○を解説します。△△を使うと◇◇になるのでオススメです!

例②:○○な悩みはありますか?問題を解決する△△で解決した体験を公開します!◇◇になるのでオススメです!

例③:○○を使うと△△が解決します。じつは◇◇もかなりオススメなので組み合わせ方法を説明します。

 

このように「自分でメタディスクリプションをテンプレート化」をして臨機応変にアレンジしてみてください。

 

メタディスクリプションの質問や疑問

メタディスクリプションに関して、よくある「質問や疑問」をまとめてみました。

 

SEO対策でキーワードを入れるべきなのか

タイトルに書ききれなかったキーワード自然メタディスクリプションに入れる事は効果的です。

 

読者に「メインのキーワード以外に関連する疑問も解決できそう!」と思われクリックされる可能性が高くなります。

 

キーワードの詰め込み過ぎは読者が混乱するのでやめましょう!

 

メタディスクリプションが反映されない

メタディスクリプション反映されない原因は「更新内容をクローラーが拾っていない」場合は時間が解決する事が多いのですが「Googleが不適切と判断」している「キーワードが多用されている」などGoogleの判断基準にも左右されます。

 

ページのタイトルと説明(スニペット)は、ページのコンテンツとウェブ上の参照元ページの両方を踏まえて、自動的に作成されます。スニペットとタイトルは、各検索結果を最大限にわかりやすく伝え、ユーザーが入力したクエリとの関連性を示すことを目標としています。

こうした情報については、各ページのタイトルとメタタグ内にある説明情報を含むさまざまな情報源を使用しています。また、公開されている情報を使用する場合や、ページのマークアップを基にリッチリザルトを作成する場合もあります。

Google で表示される個々のサイトのタイトルやスニペットを手動で変更することはできませんが、できるだけ関連性の高いものとなるよう常に努めています。表示されるタイトルとスニペットの品質を高めるには、以下の一般的なガイドラインに沿ってページを構築します。

出典:Google Search Central~検索結果に効果的なタイトルとスニペットを作成する~

 

最終判断Googleメタディスクリプションタイトル決定するので、自分の要望が通らずに自動で決められてしまう場合もあります。

 

うた
そんな時には「とりあえず諦める!という解決策が一番です。(時間をおいて変更してみるのもあり)

 

メタディスクリプションを書かないとどうなる?

メタディスクリプション自分で設定しないとGoogleに自動生成されてしまいます。

 

Googleが最適だと思うメタディスクリプションになってしまうので、読者にとって魅力的じゃない場合もあります。

 

できれば自分で設定した方がいいと思います。

 

どうしても、メタディスクリプションが書けない場合の対処法

どうしても書けない場合は「本文中の重要な部分をコピペする」という選択もあります。

 

記号をつけたり、キーワードを盛り込みながら、それなりに要点のまとまったメタディスクリプション書いてみましょう。

 

初心者向けメタディスクリプションの書き方【まとめ】

初心者向けメタディスクリプションの書き方【まとめ】

初心者向けメタディスクリプションの書き方【まとめ】

うた
メタディスクリプションの書き方やコツをまとめます。

 

メタディスクリプションとは、検索結果のタイトル下に表示される「記事の概要文」の事です。「読者はタイトル+メタタグ」を見てブログの内容を判断しているので、クリック率に大きく影響があります。

 

タイトルでは書ききれない補足部分の説明を加える事で、より興味を持たせたり、読者の悩みに近い記事だとアプローチすることができます。

 

もし、自分で設定しなかった場合はGoogleが判断して、自動で最適化されたメタディスクリプションを生成するのですが、機械的な内容の場合が多く魅力を伝えられない場合があるので注意してください。

 

-ブログのアクセス数を上げる, ブログの書き方
-, , , ,