ブログのアクセス数を上げる ブログの始め方 ブログの書き方 ブログの稼ぎ方

【SEOキーワード選定のコツ&無料ツールの使い方】アクセスを集める記事の書き方を解説します。

【SEOキーワード選定のコツ&無料ツールの使い方】アクセスを集める記事の書き方を解説します。
まう
ブログを書く時にキーワード選定は具体的にどうやって決めたらいいの?どうすれば、ブログにアクセスを集められるのかを知りたいです!

 

うた
そんな疑問に答えます👍

 

こんな悩みを解決します

ブログ初心者

ブログ初心者くん

  • キーワード選定の方法がわからない
  • SEOで上位表示を狙いたい
  • キーワード検索で引っ掛かりやすくしたい
  • これから記事を書くけど、何を書いていいのか迷ってる

この記事の内容は?

  • SEOで上位表示を狙うための考え方
  • どんなキーワードを狙うべきか
  • 具体的なキーワード選定の手順を解説

エモいブログへようこそ。本記事の信頼性

【ブログ歴8年,美容師歴13年】フリーで美容師をやりながら、ブログでご飯を食べています。フリーランス向けのブログ集客や副業ブログの始め方などを中心にブログを更新していきます。ブログについて疑問などがあれば気軽にTwitterからDMください。

 

ブログを書く時に「キーワード選定」は正しくできているでしょうか?

 

もし、検索エンジンで上位表示を狙いたいのであれば、自分のブログと身の丈の合ったキーワードから制覇していきましょう!

 

ブログ運営は「ドラクエ」と同じで、レベル上げをしていかないとSEOで上位表示はされません。

 

どうゆう事?という方のために今回は「初心者でも簡単にできるキーワード選定」の方法を解説していきたいと思います。

 

うた
結論、スライムから倒すのが鉄則なんです。

 

それでは、本題にはいります。

 

Let's Go!!!

 

この記事の目次
  1. キーワード選定をする理由と方法【SEOで上位表示を目指そう】
  2. ブログを始めたばかりの初心者が稼ぐためには?【結論、ロングテールキーワードから狙う】
  3. キーワード選定してブログ記事を書く前に【運営のテーマを明確に決める】
  4. キーワード選定ツールについて【要チェック!!】
  5. SEOキーワード選定のコツ【ブログ上位表示の狙い方】
  6. 【本編】キーワード選定の手順~ブログを書くまでのステップ【パターン化してOK!】
  7. 読者に読まれるためのキーワード選定について【まとめ】

キーワード選定をする理由と方法【SEOで上位表示を目指そう】

キーワード選定をする理由と方法【SEOで上位表示を目指そう】

キーワード選定をする理由と方法【SEOで上位表示を目指そう】

 

ブログを含むウェブサイトでは「SEOキーワードを選定」をした記事を正しく書けていないと、ブログにアクセスを呼ぶ事はできません。

 

なので、「ブログを上位表示させるための記事」を書けるようにしましょう!という事なのですが、SEOについてわからない方は下の方を読んでみてください。

 

 

SEOはわかってるよ!とはいう方、ブログを始めたばかりの初心者が稼ぐためには?【結論、ロングテールキーワードから狙う】までジャンプしてください。

 

SEOとは?【検索エンジン最適化】検索結果で上位を狙うために必要な知識

SEOとは?【検索エンジン最適化】検索結果で上位を狙うために必要な知識

SEOとは?【検索エンジン最適化】検索結果で上位を狙うために必要な知識

SEOとは「Search Engine Optimization」 の略で日本語だと「検索エンジン最適化」といい、ブログやサイトを検索結果で上位表示を狙う取り組みを「SEO対策」といいます。

 

結論、SEOに強いブログを作らない、読者の目に触れず稼ぐ事はできません。(SNS集客がメインなら別です)

 

SEOには2つの指標があり「内部評価と外部評価」によって検索結果でのランク付けが決まる仕組みになっています。「キーワード」を正しく選んで記事を書く事は内部コンテンツを強化するための対策の一種だと思ってください。

 

SEOにおいてキーワード選定の重要度とは?【読者のニーズや検索意図がわかる】

SEOにおいてキーワード選定の重要度とは?【読者のニーズや検索意図がわかる】

SEOにおいてキーワード選定の重要度とは?【読者のニーズや検索意図がわかる】

ブログ初心者くんを例に上げてみましょう。

 

ブログ初心者

ブログ初心者くん

  • 最近将来に不安を感じて副業ブログを始める
  • やっとブログを作ったけど記事はまだ書いていない
  • 記事の構成について理解したばかり
  • キーワード選定ってなんやねん!という状態

 

読者は1位の記事から順番にページを見る傾向があるので「専門性の高い記事が当たり前」だと思っています。(それでも満足できていない場合が多い)

 

SEOを意識してブログを書けるようになると、読者に読まれる可能性も上がり、潜在ニーズを探し出す事ができるので、記事が上位表示される以外にも行動や心理を予測した記事を書けるようになります。

 

ブログ運営において読者の「検索意図や潜在ニーズ」を理解できる=「SEOに強い記事を書けている」という事になるので、直接的にも間接的にプラスになるので重要なポイントです。

 

SEOを狙いすぎてキーワードを詰め込みすぎたり、不自然な文章になると読者に嫌われるので注意が必要です。

 

ブログの検索順位の上げ方【キーワードを専門的に網羅して上位表示させる】

単純にキーワード選定だけについてを記事を書いたところで、読者の悩みを解決する事はできません。

 

ブログ初心者くんの気持ちを想像してみてください。

 

この時点で「ブログ キーワード 選び方」と調べたのに「SEO」という新しいキーワードが出現してきました。

 

要するに、疑問から疑問が生まれてくるわけです。

 

うた
ブロガーは潜在ニーズまで先読みをして、疑問を解決できる記事を書く事を目指していく必要があります。

 

読者の検索意図を想像→さらに疑問の先回りをして1つの記事で回答を用意しておく。

 

読者ファーストな記事を書けてこそSEOで上位表示を狙いアクセスの集まるブログ」を作る事ができます。

 

うた
という事で、ブログ運営におけるキーワード選定は超重要です!とはいえ、そんなにむずかしく考えないでくださいね。

 

ブログを始めたばかりの初心者が稼ぐためには?【結論、ロングテールキーワードから狙う】

ブログを始めたばかりの初心者が稼ぐためには?【結論、ロングテールキーワードから狙う】

ブログを始めたばかりの初心者が稼ぐためには?【結論、ロングテールキーワードから狙う】

ブログを始めたばかりのブロガーと、すでに稼いでいるブログは同じ土俵で戦ってはいけません!

 

もう一度言います。初心者はSEOで戦い始める土俵を、自分よりも明らかに上のブログと同じ基準に合わせても勝てません。

 

うた
ドラクエなどのロールプレイングゲームと同じで、テクニックだけでは初期装備の状態でボスは倒せません。スライムやドラキーあたりからボコしていってレベルアップをしていきましょう!

 

いきなり挑んでも無理ゲーなので、身の丈にあった戦略が必要という事です。

 

質の高いブログ記事をたくさん書いていくと「ドメインパワー」というブログの根本的なレベルが上がっていくので、コツコツと陣取りゲームを始める事が初心者ブロガーのセオリーになります。

 

なぜ、ブログ初心者はスモールキーワードから記事を書く必要がある?

初心者ブロガーは「上位を狙いやすく、アクセスを集めやすい小さな市場からコツコツと制覇していく」これが出来ないとブログを強化していく事はできません。

 

検索キーワードの大きさ

  • ビックキーワード:検索数が多い
  • ミドルキーワード:検索数がそこそこ多い
  • スモールキーワード:検索数が比較的少ない

 

以上の3つにキーワードは分類する事ができます。

 

ブログを始めたばかりで、記事数が少ないうちは「スモールキーワードから狙っていく」が鉄則です。

 

スモールキーワードとは?

  • 月間検索数:100~1000回
  • キーワード難易度:低い
  • 言語数:3~5語の組み合わせ

 

スモールキーワードは読者の悩みや目的が明確なので、うまくいけば最初から稼げる可能も十分にあります。

 

うた
このあと、もっと詳しく説明していきます!

 

キーワード選定してブログ記事を書く前に【運営のテーマを明確に決める】

キーワード選定してブログ記事を書く前に【運営のテーマを明確に決める】

キーワード選定してブログ記事を書く前に【運営のテーマを明確に決める】

 

キーワード選定をする前に「ブログのテーマ、目的、収益化までの筋道、サイト構成の重要性」については大丈夫でしょうか?

 

ブログのテーマが明確じゃないよ!という方のは、ブログの始め方は構成で100%決まります【サイト設計について】をご覧ください。

 

稼げるブログの構成を無料公開
参考【無料公開】稼げるブログの始め方は構成で100%決まります【サイト設計について】

続きを見る

 

ブログ運営のテーマが決まっているか【アフィリエイトするジャンル】

ブログで稼げるかは、100%最初の段階ので「ブログ設計、参戦するジャンル選び」で決まります。

 

筋道さえ立てて正しく運営していれば、初心者でも毎月5万円を稼ぐブログを作る事は十分に可能です

 

うた
ブログ金脈化までは、以下のようなステップです。

 

ブログ収益化までのステップ

  1. 継続できそうなジャンルを選ぶ
  2. ブログのテーマにマッチした読者にリーチする
  3. 想定読者を決める
  4. 疑問や悩みを絞り出す
  5. 記事を書く
  6. 解決策を具体的に示す
  7. ベネフィットを伝え想像させる
  8. 再結論で納得させる
  9. マネタイズ

 

うた
ざっくりですが、ブログ収益化までの公式になります。

 

そして、失敗事例はこんな感じです。

 

ココがダメ

  1. ジャンルを決める
  2. 構成やコンセプトを決めない
  3. なんとなく記事を書いて広告を貼る
  4. 記事を量産する
  5. 低品質な記事が増えてSEOが上がらない
  6. 作業量を増やしてカバーする

 

稼げない事はないと思いますが、おそらく作業量を半端なく増やさないと稼ぐ事は結構ハードになると思います。。

 

  • 50記事:全集中で5万円
  • 200記事:量産タイプで5万円

 

僕は前者派です。「時間、効率、作業量」で比較して自分も前者の稼ぎ方がいいと思う場合は、テーマを明確に決めてブログの構成について一度真剣に考えてみてもいいかもしれませんね。

 

ターゲットは決まってるか【想定読者の目的を推測する】ペルソナ設定は大切です

ターゲットは決まってるか【想定読者の目的を推測する】ペルソナ設定は大切です

ターゲットは決まってるか【想定読者の目的を推測する】ペルソナ設定は大切です

ブログのテーマが決まっていれば「どんなターゲットにブログを書くのか」絞り込む事ができるようになります。

 

よくペルソナ設定とも言いますが、専門的でむずかしいと思うので「友達、家族、知人」が悩んでいると仮定して手紙を書いてアドバイスをしてあげるイメージをするといいと思います。

 

同じような悩みを抱えている人は絶対にいるはずなので、結果そうゆう人達の心に刺さる手紙を書ければOKです。

 

うた
「ターゲット設定、ペルソナ設定」などむずかしい事は考えないで、記事を書く相手を明確に決めてみてください。妄想の困っている友達でもOKです!

 

ブログ収益化までの筋道は立ててあるか【無計画な思考は失敗の原因】

ブログのテーマと想定読者が決まっていても「筋道を立てた論理的な説明」をして上げないと読者は行動は起こしてくれません。

 

今回はキーワード選定の記事なので【#ブログ書け】初心者が押さえたい!ブログ記事の書き方【苦手意識を克服しよう】こちらの記事を見て「記事の構成手順やライティング方法」をご確認ください。

 

筋道を立てた記事は「PREP法」というライティングの型と「5W1H」について少し理解してもらえると「記事の構成方法、ライティングスピードのアップ、文章に対する苦手意識の克服」などの問題を解決できると思います。

 

キーワード選定ツールについて【要チェック!!】

ブログ運営で必須のキーワードリサーチツールなので、ご確認よろしくお願い致します。

 

ラッコキーワード:( 旧:関連キーワードツール( 仮名・β版 ))

ラッコキーワード:( 旧:関連キーワードツール( 仮名・β版 ))

ラッコキーワード:( 旧:関連キーワードツール( 仮名・β版 ))

無料で使える関連キーワードの取得ツールです。

 

無料会員登録をすれば回数制限なしで使う事が出来るので、以下のリンクからラッコキーワードに登録してください。

 

ラッコキーワード無料会員登録

 

  • 関連キーワード
  • 複合キーワード
  • 共起語
  • 競合サイトの見出しを見抜く

 

以上の事が無料でできてしまうブロガー必須のキーワード調査ツールです。

 

うた
グーグルキーワードプランナーと組み合わせて使いますよ!

 

Googleキーワードプランナー:Google Ads(グーグル広告の無料機能)

Googleキーワードプランナー:Google Ads(グーグル広告の無料機能)

Googleキーワードプランナー:Google Ads(グーグル広告の無料機能)

Google広告を出す人や企業が使う月間検索数を調べる無料ツールです。(数百円だけ課金すると細かい検索数まで確認できます)

 

Googleキーワードプランナー

 

  • キーワードの市場の調査
  • 月間検索数の調査

 

ここでは月間検索数と競合性を調べるために使います。

 

うた
ラッコキーワードで関連キーワードの取得→コピー→キーワードプランナーに貼り付けといった流れで使用します。

 

 

Uber Suggest:ウーバーサジェスト(Google chrome 拡張機能 が便利)

Uber Suggest:ウーバーサジェスト(Google chrome 拡張機能 が便利)

Uber Suggest:ウーバーサジェスト(Google chrome 拡張機能 が便利)

Uber Suggestは有料ツールです。(無料でも使えますが回数制限あり)

 

Ubersuggest

 

  • 月間検索数
  • 競合サイトの強さ
  • 被リンク元の確認
  • キーワードの難易度

 

Google chromeの拡張機能をインストールしておけば1日40回は無料で使う事ができます。

 

うた
とりあえず、拡張機能があると便利ですよ!無料なのでインストールしておきましょう。

 

COMPASS:コンパス(検索順位の確認:ブルーオーシャンキーワードを発見できる)

COMPASS:コンパス(検索順位の確認:ブルーオーシャンキーワードを発見できる)

COMPASS:コンパス(検索順位の確認:ブルーオーシャンキーワードを発見できる)

かなり使い勝手のいいキーワード選定ツールです。

 

アフィリエイター専用SEO分析ツール「COMPASS」

 

  • PC:スマホ別のキーワード検索での順位を取得
  • ライバルサイトのチェック
  • 関連キーワードの取得
  • ブルーオーシャンキーワードの取得
  • トレンドキーワードの取得

 

一部ですが、以上の事ができるツールです。

 

ブログ運営は検索順位を毎日のチェックする事が必須なのですが、手動チェックだと日が暮れてしまいます。ランキングチェックは有料ツールを使う場合がほとんで月額費用が発生してしまいます。

 

その中でも、COMPASSは買い切りタイプで8000円程の価格ですが、ずっと使えるので一番コスパよしです。ブルーオーシャンキーワードのリサーチ機能は、かなり使えるので初期投資として是非オススメできるツールといえます。

 

うた
高性能なツールはレベルアップしてからで十分ですよ!

 

SEOキーワード選定のコツ【ブログ上位表示の狙い方】

SEOキーワード選定のコツ【ブログ上位表示の狙い方】

SEOキーワード選定のコツ【ブログ上位表示の狙い方】

 

うた
基本的なキーワード選定には以下の2つの無料ツールを使っていきます。

 

  • ラッコキーワード
  • Googleキーワードプランナー

 

画像を使い説明しているので参考にしてマネをしてみてください。

 

ポイント①:キーワード選定ツール【収益の見込みやアクセス数を調査】

1つ前に紹介したキーワード選定ツールを使います。

 

 

どういったツールなのかをサクッとコチラで説明してます。

 

ポイント②:ブログのジャンルにマッチした読者の悩みを絞り出す

ひたすらアクセス数を集めるよりも、ブログのジャンルにマッチしたユーザーに訴求した方が、間違いなくアフィリエイトの成約率は上がります。

 

結論、ブログのジャンル選定と想定読者の相性は絶対に合わせるべきです。

 

ラーメン屋さんに行ってカレーライスをオススメされても、誰もカレーを食べになんて来ていないはずですよね?

 

アフィリエイトを成立させるために、何でも売りつけようとする姿勢は効率的なブログ運営とは言えないでしょう。

 

うた
自分のブログにマッチしたユーザーから想定される悩みだけ、考えるようにした方が効率よく作業をして稼ぐ事ができますよ!

 

ポイント③:読者の問題を提起して悩みをリスト化する

僕はブログを始めた最初のうちは想定読者は1人だけでいいと思っています。

 

ブログ初心者くん

ブログ初心者くん

想定される疑問リスト

  • キーワード選定の方法が知りたい
  • どうやって上手にブログを書くのか
  • アクセスをたくさん集めるブログを作りたい
  • 毎日ブログ記事の更新の必要はあるのか
  • 上位表示の狙い方を知りたい
  • ブログ運営を効率化させる方法が知りたい
  • サラリーマンの場合は時間をどう上手く使えばいいか

 

想定される悩みはいくつでも出てくるはずです。

 

読者の疑問を「スマホのメモ、マインドマップ、エクセル、ノート」なんでもいいので、思いつく事はすべて書き出し「悩みリスト化」をしてしまうと「何を書けばいいのか?ネタがない、、次はどうしようかな?」などの無駄な時間を無くし、計画的にブログのコンテンツを作成できるようになるはずです。

 

うた
箇条書きでもいいので、読者の悩みリストを作成してみてください。

 

問題提起をして読者に親切な行動をとる事ができるようになると、価値のある勝ちブログを作る事ができます。

 

ポイント④:主軸となるキーワードを決める

主軸のキーワードとは、軸となるキーワードでそのままの意味なのですが、収益化に繋がるけど上位を簡単には狙えないキーワードを軸にして、その周りの難易度の低いところから、陣取りゲームをして領土を広げていくために主軸となるキーワードを決めましょう!という事です。

 

エモいブログの場合は、ブログ初心者にアドバイスをするためのブログなので「ブログを始めたいけど疑問が多い、具体的にどうすればいいのかわからない、ブログって何?アフィリエイト?」など想定読者を明確に決めて運営をしています。

 

店舗ビジネスでいうところの「コンセプト」ってやつです。

 

  • コンセプトがあり計画的なビジネス
  • 毎回思いつきで何かをするビジネス

 

うた
自分が成功すると思う方でブログを始めましょう。

 

ポイント⑤:SEO対策するキーワードを決める【重要】

集客と収益が見込めそうなキーワードを決めたら1つずつ上位表示を狙っていくのがセオリーです。

 

あれも、これもだと上位表示はむずかしいので、1つキーワードを決めたら「専門性と理解度を上げる」ようにコンテンツを作成していきます。

 

もっと詳しく説明したい事が出てきた場合は「別のキーワードで記事を書いて、内部リンクとして繋げられるように記事同士の関連性を持たせる」という要領でブログをコツコツと成長させていきましょう。

 

全力で書いてもランキングが思うように上がらない場合は一度諦める!」原因は「コンテンツのボリューム不足やドメインパワー負け」の2択の可能性が高いので、他の記事の質を高めていく事を優先する。

 

うた
全体の評価が上がれば連動して他の記事も上位表示されるという事はよくあります。

 

【本編】キーワード選定の手順~ブログを書くまでのステップ【パターン化してOK!】

【本編】キーワード選定の手順~ブログを書くまでのステップ【パターン化してOK!】

【本編】キーワード選定の手順~ブログを書くまでのステップ【パターン化してOK!】

 

実際にキーワード選定の手順を解説していきます。

 

うた
初心者が狙うべきキーワードの基準は以下の条件で決めていきます。

 

記事数が少ないブログの戦略

  • 月間検索数:100~1000
  • 難易度:低
  • キーワードの組み合わせ:3~5語

 

ビックキーワードやミドルキーワードで競合が強いところから狙うと、ドメインパワーや記事数の問題などで勝てないので、コツコツと領土を増やしていきます。

 

ただし、読者に必要な情報だった場合は、勝ち負けを気にせず記事を書く事も大切です。

 

ステップ①:記事タイトルに含めるキーワードを決める【3語~5語のロングテールキーワード】

記事タイトルに含めるキーワードを決める【3語~5語のロングテールキーワード】

記事タイトルに含めるキーワードを決める【3語~5語のロングテールキーワード】

うた
雑なグラフですいません。。

 

最初に狙っていくのは、スモールキーワードです。

 

キーワードの組み合わせが多くなるほど、月間検索数が少なくなりますが、読者の目的はどんどん明確になってきます。

 

賃貸 検索数は多い:目的は不明
賃貸 東京 検索数はそこそこ:東京に住みたいのかな?
賃貸 東京 渋谷 駅近 家賃 10万円 検索数は少ない:渋谷に住むつもりだな

 

組み合わせる言語数から「読者の行動や思考を予測」する事ができます。

 

お金が大きく動く市場のビックキーワードで1位をとれるといいのですが、資金力も人材もそろった企業に一般人は絶対に勝てないので、目的をどんどん明確にして小さめの市場に勝負しにいくイメージです。

 

うた
努力でどうにかなる問題じゃないです。。(人間がドラゴンと戦って勝てるかという話し)

 

ステップ②:ラッコキーワードで関連キーワードを調べる【共起語や複合ワードも】

先ほども説明しましたが、無料で利用できる「関連キーワード取得ツール」です。

 

ラッコキーワード無料登録
*アカウントを作成すると使用回数の制限がなくなります。

 

うた
今回は「キーワード選定」の記事を書きたいので実際にコレでやってみましょう!

 

ラッコキーワードに検索したいキーワードを入力する

ラッコキーワードに検索したいキーワードを入力する

ラッコキーワードに検索したいキーワードを入力する

今回は「キーワード 選定]と入力します。

 

*半角スペースで区切ってください。

 

サジェストキーワード一覧が表示されます

サジェストキーワードとは、検索窓にキーワードを入れたときに表示される「候補キーワード」のことです。

 

うた
よくグーグル検索する時に出てくるやつです。

 

サジェストキーワードから抜き出したキーワードを「記事のタイトルにしたり、記事中の見出しなどに含める」などをすると検索結果にヒットしやすくなります。

 

しかし、まだどれぐらいの検索数があるのかは不明なので、Googleキーワードプランナーでこれから調べていきます。

 

画面右上の「全キーワードをコピー(重複除法)」をクリックしてキーワードをコピーしてください。

 

ステップ③:Googleキーワードプランナーで検索ボリュームを調査する【月間検索数:100~1000回】

こちらからGoogleキーワードプランナーにログインしてアカウントを作成してください。

 

Googleキーワードプランナー

 

広告は出さなくてもいいのですが、広告を作成する事でキーワードプランナーを使う事ができます。

 

キーワードプランナーにログインする

Googleキーワードプランナーの使い方1

Googleキーワードプランナーの使い方1

ログインできたらツールと設定をクリックしてください。

 

ツールと設定からキーワードプランナーをクリック

キーワードプランナーを選択する

キーワードプランナーを選択する

キーワードプランナーを選択してください。

 

検索ボリュームと予測データを確認するをクリック

検索ボリュームと予測データを確認するをクリック

検索ボリュームと予測データを確認するをクリック

画面右側の検索ボリュームと予測データを確認するをクリックしてください。

 

キーワードプランナーにサジェストキーワードを貼り付ける

キーワードプランナーにサジェストキーワードを貼り付ける

キーワードプランナーにサジェストキーワードを貼り付ける

先ほどラッコキーワードからコピーした「サジェストキーワード」を貼り付けて開始するをクリックしてください。

 

キーワードプランナーにサジェストキーワードが表示される

キーワードプランナーにサジェストキーワードが表示される

入力したサジェストキーワードのデータが表示されました。

 

Googleキーワードプランナーの月間平均検索ボリュームと競合性を確認

月間平均検索ボリュームと競合性を確認する

ここで見るところは、

  • 月間平均検索ボリューム
  • 競合性

 

先ほども言った「月間検索数と難易度」の事です。

 

Googleキーワードプランナーの月間平均検索ボリュームと競合性をリスト化

月間平均検索ボリュームと競合性をリスト化しよう

狙いたいキーワードのデータをリスト化しておく事がオススメです。

 

うた
Googleスプレットシートに保存して整理しておくと便利ですよ

 

今回の「キーワード 選定」は「月間検索数100~1000、競合が低」なので、狙うべきキーワードといえます。

 

例え「月間検索数1000~、競合が高」だとしても、そのキーワードの記事は読者に必要な情報ならランキングを気にしないで書くべきです。

 

ステップ④:上位サイトから読者のニーズを抜き出す【見出しに注目する】

上位サイトから読者のニーズを抜き出す【見出しに注目する】

上位サイトから読者のニーズを抜き出す【見出しに注目する】

そして再びラッコキーワードに戻り、次は読者のニーズの調査です

 

ラッコキーワードでは、競合サイトの見出しを一発で確認する事ができます。

 

うた
しかし、丸パクりはダメです!参考にするという意味ですよ。

 

見出し摘出の機能を活用して、上位サイトの見出しにすべて目を通す事で読者のニーズが丸わかりになります。

 

上位表示されているページはGoogleに機械的ではありますが「読者の検索意図を満たしている」と判断されているので上位に食い込んでいるのです。

 

答えしかないので、上位サイトを上回る「見出しの構成、専門性、+α」を最初に決めてから記事を書くようにすると、初心者でも質の高い記事を書けるようになります。

 

ステップ⑤:共起語からもヒントを抜く【ラッコキーワードを使う】

共起語からもヒントを抜く【ラッコキーワードを使う】

共起語からもヒントを抜く【ラッコキーワードを使う】

共起語とは、特定のキーワードで一緒に利用されるキーワードのことです。

 

実際に利用してみた方がわかりやすいと思うので、記事を書く前に一度確認してみてください。共起語も文章中の本文や見出しに含める事で、読者の検索ニーズを満たした記事を書くヒントになります。

 

ステップ⑥:無料の便利ツール:マインドマップを使い記事の構成を作る【見える化する】

無料の便利ツール:マインドマップを使い記事の構成を作る【見える化する】

無料の便利ツール:マインドマップを使い記事の構成を作る【見える化する】

Transnoという海外製のマインドマップツールです。海外製ですが直感的に使えるので、翻訳しながら試してみてください!

 

Transno無料登録

 

このツールのすごいところは、テキストとマインドマップを同時に使えるところです。

 

マインドマップでトピックや本文を作成してテキストに切り替えると綺麗に自動でまとめてくれるので「記事の構成を考える、ブログの構成を考える、アイディアをまとめる」時などに超絶便利なのでぜひ使ってみてください。

 

こんな感じです。

 

マインドマップを使い思考をまとめていく

マインドマップを使い思考をまとめていく

記事構成の途中ですが、この記事のコンセプトを決めている段階です。

 

うた
メイントピックから構成案をどんどん派生させてまとめていくと、記事がめちゃくちゃ書きやすくなりますよ!

 

マインドマップをテキストモードに切り替え

マインドマップをテキストモードに切り替える

ワンクリックで切り替えてみると、テキストでも綺麗にまとめられています。

 

うた
便利ですねー

 

ステップ⑦:見出しで骨組みを作る→本文を書く【記事の8割は見出しで決まる】

記事を書く前にはマインドマップでまとめて「見出し」から作成してみてください。

 

見出しができれば、ほとんど記事は完成だと思ってもいいです。

 

マインドマップで見出しを構成する

マインドマップで見出しを構成する

先ほどと同様に見出しのトピックからブランチを派生させていきます。

 

テキストモードで見出しを確認する

テキストモードで見出しを確認する

上手くマインドマップでまとめてくれているので、WordPressの記事作成画面にコピペして本文を書いていきましょう!

 

うた
このように見出しを最初にがっちり作りこむ事で、キーワード選定だけではなく筋道を立てた文章を作成する事ができます。

 

ちなみに僕の場合はキーワードによって異なるのですが、1時間~2時間は見出しを含む記事の構成案を作ってからブログを書くようにしています。

 

読者に読まれるためのキーワード選定について【まとめ】

読者に読まれるためのキーワード選定について【まとめ】

読者に読まれるためのキーワード選定について【まとめ】

うた
キーワード選定についてまとめます。

 

ブログを書く前にはキーワード選定は必須です!

 

記事の作成は本文だけではなく、構成を含めて1つの記事を完成させる事で読者満足度の高い記事を書く事ができます。狙うべきキーワードを決定したら競合サイトから読者のニーズを推測していきましょう!

 

ただし丸パクリはNGです。

 

競合サイトのページが上位表示されている理由は「読者の疑問を先回りして書いてある、問題提起でニーズを限りなく満たしている」からです。共起語をラッコキーワードで調査する事でさらに読者の検索するキーワードも拾い集める事ができます。

 

そして、競合が強すぎて上位表示がむずかしいキーワードの場合でも「読者に必要な情報」だった場合は記事を書くようにしましょう!読者のニーズと利便性を高めるためです。

 

 

今回は以上になります。おつかれさまでした。

-ブログのアクセス数を上げる, ブログの始め方, ブログの書き方, ブログの稼ぎ方
-, , , , , , ,