Word Press Word Pressプラグイン WordPress初期設定

【WordPressの簡単SEO対策プラグイン】All In One SEOのプラグインの設定方法と使い方【デメリットも公開】

All In One SEOのプラグイン設定【デメリットも公開】
まう
All In One SEOについて機能や注意点、設定方法が知りたいです。

 

うた
そんな疑問に答えます👍

 

こんな悩みを解決します

ブログ初心者

ブログ初心者くん

  • WordPressでSEO設定をしたい
  • 効果的なAll In One SEOの設定方法が知りたい
  • 自分のテーマとSEO設定が重複しないか不安

この記事の内容は?

  • All In One SEOの設定方法を解説
  • All In One SEOのデメリットと注意点について

エモいブログへようこそ。本記事の信頼性

【ブログ歴8年,美容師歴13年】フリーで美容師をやりながら、ブログでご飯を食べています。フリーランス向けのブログ集客や副業ブログの始め方などを中心にブログを更新していきます。ブログについて疑問などがあれば気軽にTwitterからDMください。

 

WordPresで作成するブログのSEO設定と言えば、All In One SEOと言われるほど定番のプラグインです。

 

テーマの機能だけではできない設定が簡単にできたりとても便利なのですが注意点もあります。機能の重複が起こらないようにテーマやプラグインの確認をしてからプラグインをインストールするようにしてください。

 

うた
All In One SEOの設定には、GoogleアナリティクスGoogleサーチコンソールの設定を先に終わらせておく必要があります。

 

それでは、本題にはいります。

 

Let's Go!!!

 

↓読み飛ばして重要ポイントを見る↓
本編【All In One SEO の設定方法

 

All In One SEO とは?不具合も確認【重要】

All In One SEO とは?

All In One SEO とは?

うた
All In One SEO は、初心者でもかんたんにWordPressのSEO設定をできるプラグインです。

 

インストール数が200万以上もあり、世界的に人気のプラグインです。2020年末にアップデートが行われて「All In One SEO Pack 」から「All in One SEO 」に名称が変更になりました。

 

うた
手の届かないSEO設定が簡単にでるプラグインで導入しているWordPressブログやウェブサイトはかなり多いと思います。

 

WordPressテーマでSEO設定ができない場合に便利なSEO系プラグインなので、自分の使用しているテーマと機能が重複しないかなどを確認してからインストールする必要があります。

 

インストールすれば検索で上位表示されるからかもしれないから、とりあえずインスト―ルするという考えで入れてしまうと、テーマとプラグインの機能が重複してしまいマイナスになる場合もあるので注意してください。

 

All in One SEOの機能

うた
All in One SEOはざっくりこんな機能があります。

 

ポイント

  • タイトル・ディスクリプション・キーワードの設定
  • Noindexの設定
  • Google Analyticsとの連携
  • Google Search Console との連携
  • XHTMLサイトマップの送信
  • ソーシャルメディアの設定

 

WordPressに必要なSEO対策がプラグイン1つで完結できてしまいます。

 

まず、どんな事ができるのかをザックリと説明します。

 

タイトル・メタディスクリプション・キーワードの設定

うた
Google検索結果で表示されるタイトルのSEO設定ができます。

 

  • タイトルタグ
  • キーワード
  • メタディスクリプション

 

メタディスクリプションを設定できないとブログ運営に致命的です。

 

noindexの設定

うた
noindexとは、ページを検索エンジンに認識させない事をいい、表示させたくないページがある場合に使う設定です。

 

ブログが検索結果に表示されるためには、以下の流れです。

  1. クロール
  2. インデックス
  3. ランキング

Noindex設定にするとクロールされなくなります。

 

ブログの強さは総合評価で決まります。読者には必要な記事だけど検索エンジンにインデックスさせたくない場合に使い分ける事ができます。

 

indexについてはGoogle XML Sitemapsの【Googleクローラーの仕組みについて。インデックスとは?】をご覧ください。

 

XHTMLサイトマップの送信

うた
XMLサイトマップとは、クローラーがブログの内部を巡回しやすくなるガイドマップのようなイメージのものです。

 

XMLサイトマップは、ブログの更新情報をクローラーにわかりやすく伝えるために必要な検索エンジン用のサイトマップです。

 

ページの新規作成やリライトなどの更新を自動でXMLサイトマップを生成して送信する事で検索エンジンに正しく認識されるようになります。

 

いちおプラグインでも設定する事ができるので、機能の重複の可能性のあるプラグインGoogle XML Sitemapsの設定方法【Googleサーチコンソールも必要です。】を見てからどちらか好きな方を設定するようにしてください。

 

ソーシャルメディアの設定(OGP設定)

うた
ブログで書いた記事をSNSにシェアする時の表示を調節できる機能です

 

ソーシャルメディアをシェアした時の詳細設定ができます。

  • Twitter
  • FaceBook
  • Pinterest

 

など様々なSNSと連携できます

 

All In One SEO のメリット

うた
All In One SEO のメリットについて

 

  • WordPressがSEOに強くなる設定ができる
  • テーマで設定できない箇所をカバーできる

 

テーマだけで行えない大事なSEO設定が簡単にできるようになります。

 

All In One SEO のデメリット

うた
All In One SEO のデメリットについて

 

  • プラグインが重たい
  • テーマのSEO機能と重複

 

細かくSEO設定する事ができますが、プラグインが少し重ためです。

 

テーマだけでSEO設定ができるか確認してからインストールしましょう。

 

エラーが起きた場合には、プラグインの停止や削除をしてWordPressテーマや他のプラグインとの機能の重複を疑ってください。

 

うた
ブログのバックアップさえとっておけばミスって取り返しの使いない事になっても安心なので、必ずバックアップは定期的に行うようにしてくださいね。

 

【WordPressバックアップ系プラグイン】BackWPupの設定方法
参考【WordPress自動バックアップ系プラグイン】BackWPupの設定方法と使い方

続きを見る

 

All In One SEO不要のWordPressテーマ【Affinger6は不要】

うた
確認できている、All In One SEO不要テーマになります。

 

  • AFFINGER6
  • Cocoon
  • SANGO
  • JIN
  • 賢威
  • Diver
  • THE THOR (トール)
  • STORK19
  • Xeory

 

Google XML SitemapXML Sitemap & Google Newsもプラグイン同士の機能が重複しているので気を付けてください。

 

僕が使っているAFFINGER6には、SEO設定の他に十分過ぎる機能がついているのでAll In One SEOは必要ありません。

 

その他の重そうなプラグインも減らせるので高速表示で読者の利便性を上げ、結果的にSEOにも強く上位表示に有利になるので本気でブログの収益化を目指すならオススメだと思います。

 

1万円ちょいの買い切りで他のブログに使いまわしができるので、有料だからではなく自分の使うテーマと比較して期待値が見合っているのかを判断して購入するか決めてみてください。

 

All In One SEO の設定方法と使い方【本編】

All In One SEO の設定方法

All In One SEO の設定方法

新規プラグイン追加でAll In One SEO をインストールしてください。

 

プラグインのインストールを方法がわからない方はこちらをご確認ください。

 

 

インストールしたら有効化してください。

 

ここで全体のSEO設定をしていきます。

  1. ダッシュボード
  2. All in One SEO
  3. 検索の外観

と進みます。

 

一般設定

Google Analyticsとの連携

Google Analyticsとの連携

Google Analyticsとの連携

  1. All In One SEO
  2. 一般設定
  3. ウェブマスターツール

Googleアナリティクスの設定ができます。

 

Googleアナリティクストラッキングタグを入力

Googleアナリティクストラッキングタグを入力

Googleが提供するアクセス解析ツールのGoogle Analytics(グーグルアナリティクス)のタグをWordPressに連携するための設定です。

 

Google Analyticsは、読者がブログの内部の動き改善するためにデータを取得することができます。

 

GoogleアナリティクスとWordPresの設定の手順を見てトラッキングコードを取得してから、All In One SEOの設定を進めてください。

 

Google Search Consoleとの連携

Googleが提供する検索結果解析ツールGoogle Search Console(グーグルサーチコンソール)のタグをWordPressに連携するための設定です。

 

Googleアナリティクスのアカウントを作成してサーチコンソールの設定を簡略化する事ができるので、アナリティクスのアカウントがすでにある場合は、WordPressとGoogleサーチコンソールを簡単に設定する方法を参考に設定してください。

 

All in one seoで設定しなくてもアクセス解析をできるようになります。

 

検索の外観

全体設定

All in One SEO 検索の外観 全体設定 区切りタイトル

区切りタイトル

ブログタイトルとキャッチフレーズの間の「区切り」の文字を設定できます。

 

All in One SEO 検索の外観 全体設定 ホームページ

ホームページ

All in One SEO 検索の外観 全体設定 ホームページ2

サイトタイトルとメタ情報の設定ができます。入力欄は全部消す事もできるので、お好きなように設定してください。

 

検索結果にどのように表示されるかを決める事ができます。

 

All in One SEO 検索の外観 全体設定 ナレッジグラフ

ナレッジグラフ

All in One SEO 検索の外観 全体設定 ナレッジグラフ2

ここは何も記入しなくて大丈夫です。保存してください。

 

コンテンツタイプ

All in One SEO 検索の外観 コンテンツタイプ

コンテンツタイプ

All in One SEO 検索の外観 コンテンツタイプ2

投稿ページの設定です。

 

検索結果に表示を「はい」に設定してください。

 

記事タイトルとメタ説明はデフォルトでオッケーです。

 

All in One SEO 検索の外観 コンテンツタイプ 高度な設定

高度の設定もそのままで。

 

All in One SEO 検索の外観 コンテンツタイプ3

All in One SEO 検索の外観 コンテンツタイプ4

固定ページの設定です。

 

検索結果に表示を「はい」に設定してください。

 

記事タイトルとメタ説明はデフォルトでオッケーです。

 

All in One SEO 検索の外観 コンテンツタイプ5

高度の設定もそのままで。

 

保存を押してください。

 

タクソノミー

All in One SEO 検索の外観 タクソノミー

タクソノミー

All in One SEO 検索の外観 タクソノミー2

カテゴリー検索結果に表示に「はい」

 

その他はデフォルトで大丈夫です。

 

All in One SEO 検索の外観 タクソノミー3

Advancedもそのままで。

 

All in One SEO 検索の外観 タクソノミー4

All in One SEO 検索の外観 タクソノミー5

タグ検索結果に表示に「はい」

 

その他はデフォルトで大丈夫です。

 

All in One SEO 検索の外観 タクソノミー6

Advancedもそのままで。

 

保存を押してください。

 

メディア

All in One SEO 検索の外観 メディア

メディア

添付ファイルになっているか確認します。

 

 

アーカイブ

All in One SEO 検索の外観 アーカイブ

アーカイブ

All in One SEO 検索の外観 アーカイブ2

All in One SEO 検索の外観 アーカイブ3

  • Author Archives
  • Date Archives
  • Search Page

いいえに設定して保存を押してください。

 

高度な設定

All in One SEO 検索の外観 高度な設定

高度な設定

そのままで大丈夫です。

 

これで検索の外観の設定は終了です。

 

『ソーシャルネットワーク』の設定

All in One SEO ソーシャルネットワーク

ソーシャルネットワーク

連携するSNSのURLを入力してください。

 

 

Facebook

All in One SEO ソーシャルネットワーク Facebook

Facebook

All in One SEO ソーシャルネットワーク Facebook2

All in One SEO ソーシャルネットワーク Facebook3

All in One SEO ソーシャルネットワーク Facebook4

All in One SEO ソーシャルネットワーク Facebook5Facebookを連帯する場合に必要に応じて設定してください。

 

 

Twitter

All in One SEO ソーシャルネットワーク Twitter

Twitter

All in One SEO ソーシャルネットワーク Twitter2

All in One SEO ソーシャルネットワーク Twitter3

All in One SEO ソーシャルネットワーク Twitter4

All in One SEO ソーシャルネットワーク Twitter5

Twitterを連帯する場合に必要に応じて設定してください。

 

Pinterest

All in One SEO ソーシャルネットワーク Pinterest

Pinterest

Pinterestを連帯する場合に必要に応じて設定してください。

 

 

『サイトマップ』の設定

All in One SEO サイトマップ 一般的なサイトマップ

サイト一般的なサイトマップ

Googleに送信するXMLサイトマップの設定です。

 

サイトマップを有効化してください。

 

All in One SEO サイトマップ サイトマップ設定

サイトマップ設定

サイトマップインデックスを無効にしてください。

 

投稿タイプとタクソノミーにチェックを入れる

 

あとは、そのままで保存してください。

 

WordPressにGoogleタグマネージャーを設置したい場合の方法【重要】

All In One SEOを設定するには、GoogleアナリティクスとGoogleサーチコンソールのどちらも直接設定する事ができますが、GoogleタグマネージャーのGTMタグを直接設定する事はできません。

 

なので、タグマネージャーでアクセス解析を行いたい場合は、GoogleタグマネージャーとGoogleアナリティクスを設定してWordPressに接続するをご覧ください。プラグインを使う事でテーマファイルの編集なしで設定する事ができます。

 

All In One SEOについて【まとめ】

All In One SEOについて【まとめ】

All In One SEOについて【まとめ】

うた
All In One SEOについてまとめます。

 

  • 絶対に必要なSEO設定が簡単にできる
  • プラグインが少し重たい
  • その他便利な機能がある
  • SNSとの連携でアクセスアップも狙える
  • テーマやプラグインとの相性に注意が必要

 

すごく便利なSEO対策できるプラグインなので、WordPressでできない場合は是非インストールして使ってみてください。

 

All In One SEOの設定には、GoogleアナリティクスとGoogleサーチコンソールタグが必要になります。まだの方はこちらの記事をご覧ください。

 

GoogleアナリティクスとWordPressの設定方法

Googleアナリティクスの設定方法
参考GoogleアナリティクスとWordPressの設定方法【画像25枚で解説します。】

続きを見る

 

GoogleアサーチコンソールとWordPressの設定方法

ブログ集客で必須のアクセス解析ツール【Google Search Console】の説明
参考WordPressとGoogleサーチコンソールを簡単に設定する方法。

続きを見る

 

をご参考ください。

 

-Word Press, Word Pressプラグイン, WordPress初期設定
-, , ,