Word Press Word Pressプラグイン WordPress初期設定

【2021年オススメのWordPressプラグイン20選】~ブログ収益化の道~

【2022年もオススメ】重要!WordPressプラグイン11選とインストール方法を解説します。
まう
WordPressブログ初心者ですが、ブログ運営に必要だったり便利なカスタマイズ方法が知りたいです。できればプラグインだけで設定できたら嬉しいです。

 

うた
そんな疑問に答えます👍

 

こんな悩みを解決します

ブログ初心者

ブログ初心者くん

  • WordPressブログを始めたばかりで何を設定すればいいのかわからない
  • どんなプラグインをインストールすればいいのかわからない
  • WordPressプラグインのインストール方法や設定方法がしりたい

この記事の内容は?

  • WordPressプラグインについて注意点を含めた説明
  • プラグインのインストール方法を解説
  • 絶対に必要&オススメのプラグインの解説

エモいブログへようこそ。本記事の信頼性

【ブログ歴8年,美容師歴13年】フリーで美容師をやりながら、ブログでご飯を食べています。フリーランス向けのブログ集客や副業ブログの始め方などを中心にブログを更新していきます。ブログについて疑問などがあれば気軽にTwitterからDMください。

 

WordPressにはプラグインという機能を拡張してくれる、後付けの便利ツールがあります。

 

はじめてWordPressブログをスタートするという方のために「プラグインについて、注意点、インストール方法、導入必須のプラグイン」について詳しく解説していきたいと思います。

 

それでは、本題にはいります。

 

Let's Go!!!

 

本編:ブログ初心者にオススメのWordPressプラグイン【2021年版】

 

この記事の目次
  1. WordPressプラグインとは?【ブログ収益化に必須】
  2. WordPressプラグインの注意事項について【重要】
  3. WordPressプラグインのインストール方法【アプリ感覚でプラグイン検索】
  4. ブログ初心者にオススメのWordPressプラグイン【2021年版】
  5. WordPressプラグインについて【まとめ】

WordPressプラグインとは?【ブログ収益化に必須】

WordPressプラグインとは?【WordPressブログの機能を拡張できる】

WordPressプラグインとは?【WordPressブログの機能を拡張できる】

うた
WordPressプラグインとは、簡単に説明するとスマホのアプリ的存在です。

 

WordPressをインストールしただけの状態だと、正直、使いたい機能が不十分です

 

WordPressはプラグインをインストールする事で拡張機能する事ができてるのですが、種類がたくさんあり過ぎて迷ってしまいます。

 

あまり欲張ってインストールし過ぎると、スマホのアプリと同じでWordPressが重たくなる原因になってしまうので注意が必要です。

 

なので、今回はWordPressを使ったブログ運営で「これだけあればいいですよ!」と思うプラグインのインストール方法、注意事項、使い方をまとめた記事を書いたので、これからブログで稼ぐぞ!って方は参考にして設定してみてください。

 

WordPressプラグインについて

  • スマホのアプリ的な感じ
  • プラグインを入れ過ぎると重たくなる
  • テーマやプラグイン同士が喧嘩して不具合を起こす場合がある
  • 上手く使いこなすと超絶的に便利になる
  • 専門知識がなくても機能を拡張できる

 

うた
最初にまとめるとこんな感じなので、これから説明していきますね。

 

WordPressプラグインの注意事項について【重要】

WordPressプラグインの注意事項について

WordPressプラグインの注意事項について

うた
WordPressプラグインを使うためには、いくつか注意しなければいけない事があります。

 

1つ前に軽くお話しましたが、もう少し具体的にどんな事に注意をしないといけないのかを説明していきたいと思います。

 

プラグインをインストールする数に気を付ける【MAXで20個ぐらい】

うた
プラグインをインストールし過ぎるとWordPressが重たくなります。

 

僕は一番最初によくわからずにプラグインを50個ぐらいインストールした経験があります。当然、WordPressが使い物にならないぐらいに重たくなりました。(恥ずかしい、、)

 

重たいと何がよくないの?という感じかもしれませんが、読者が表示速度が遅いからとブログを見てくれる可能性が下がってしまう原因になります。その他にも表示速度が遅すぎるとGoogleの検索エンジンからの評価が悪くなり、検索エンジンで上位表示されにくくなってしまう事もあります。

 

稼いだり集客するためにブログを始めたのに、読者からもGoogleからも嫌われたら本末転倒です。

 

プラグインはMAXで20個と言いましたが、あくまでも目安です。

 

動作に影響を与えないぐらい軽いプラグインだと問題ないのですが、逆にインストールしているプラグインの数が少なくても、重たいプラグインを使うと速度に影響が生じてしまいます。

 

本当に必要なプラグインは20個以内で納まるので、欲張り過ぎは厳禁です。

 

プラグインの相性が悪い場合がある【機能の重複に注意が必要】

うた
プラグインには同じ機能でも種類がたくさんあるので注意してください。

 

例えばですがプラグインには、セキュリティ系、画像圧縮系、キャッシュ系など、開発者が違うだけで同じような機能のプラグインが山ほど存在しています。

 

プラグインの重複とは、同じ機能のプラグインをインストールする事による技術的な問題が発生してしまい、うまくプラグインが機能しなかったり、デザインが反映させれない、レイアウトが崩れるなどの現象が起こってしまう状況の事を言います。

 

これは、プラグインだけじゃなくてもWordPressテーマの標準機能とも相性が悪く、何らかの不具合が生じてしまう場合もあるので注意が必要になります。

 

今回紹介するプラグインについては、重複の起こらないものを厳選しているので大丈夫だと思います。

 

うた
とにかく、プラグインにも相性があるという事は覚えておきましょう!

 

もし、WordPressに不具合が起こってしまった場合の対処方法【大体これで解決】

うた
WordPressプラグインでの不具合の解決方法は簡単です。

 

もし、不具合が起きてしまった場合でも焦る必要はありません。

 

ほとんどの場合は、以下の方法で解決する事ができます。

 

プラグインで不具合が発生した場合の対処方法

  • ブログのバックアップから復元
  • プラグインを一度すべて停止する
  • キャッシュの削除をする

 

大体はコレで解決ができる事が多いです。

 

たまにヤバい現象が起きてしまい、「キャッシュ系プラグインをインストールしたら画面が真っ白になる、セキュリティ系プラグインをインストールしたらログインできなくなる」などがありますが、基本的にプラグインを停止する事で大体は解決してしまいます。

 

うた
とにかく一度、プラグインを停止→キャッシュの削除をしてみてください。

 

それでも無理なら、バックアップから復元する。復元に少し時間がかかりますが、自力で問題を解決するよりも早いと思います。

 

うた
レンタルサーバー側でもブログのデータをバックアップしてくれているので問題ないかと思いますが、自分でもバックアップは保存しておいた方がいいですよ!

 

WordPressプラグインのインストール方法【アプリ感覚でプラグイン検索】

WordPressプラグインのインストール方法【アプリ感覚でプラグイン検索】

WordPressプラグインのインストール方法【アプリ感覚でプラグイン検索】

うた
WordPressのプラグインは、公式ページでダウンロードか管理画面から直接検索してインストールする方法があります。

 

どちらの方法でもプラグインをWordPressにインストールする事ができます。

 

  • プラグイン名をGoogle検索する
  • プラグイン新規追加から検索する

 

感覚的にできると思いますが、念のため説明しておきますね。

 

プラグインをWordPressにインストールする方法

プラグインをWordPressにインストールする方法

  1. ダッシュボード
  2. プラグイン
  3. 新規追加

こんな感じで進めます。

 

プラグインをWordPressにインストールする方法2

プラグインを検索する

プラグイン検索に僕のブログで紹介しているプラグイン名をコピペしてみてください。

 

Google検索してダウンロードした場合はZIP形式でパソコンに保存させていると思うので、解凍しないでそのままプラグインアップロードからファイルを読み込む事でインストールできます。

 

試しにAddQuicktagと入力して検索してみます。

 

AddQuicktagの設定方法

AddQuicktagを検索してみた

こんな感じで表示されるので、インストールして有効化するとプラグインがWordPressにで機能するようになります。

 

プラグインによって設定するものとインストールだけのものもあるので、それぞれプラグインに合わせて対応をしてください。

 

うた
ある程度、設定方法も書いた記事も用意しているので安心してください。

 

ブログ初心者にオススメのWordPressプラグイン【2021年版】

ブログ初心者にオススメのWordPressプラグイン【2021年版】

ブログ初心者にオススメのWordPressプラグイン【2021年版】

うた
これからWordPressにオススメのプラグインを紹介していきます!

 

 

うた
これから紹介するプラグインの中で必要だと思うプラグインです。その他のはお好みでインストールして活用してみてください。

 

 

Google XML Sitemaps【検索エンジンのサイトマップ】

Google XML Sitemapsの設定方法
参考Google XML Sitemapsの設定方法【Googleサーチコンソールも必要です。】

続きを見る

Google XML Sitemapsとは、検索エンジンに自分のブログのマップを渡してあげる事をいいます。

 

 

これは、絶対にインストールした方がいいと思います。

 

Google検索エンジンのクローラーが、ブログの情報を収集しやすくなり、正しく評価してもらいやすくなります。

 

PS Auto Sitemap【人間のサイトマップ】

【WordPressにHTMLサイトマップを生成プラグイン】PS Auto Sitemapの設定方法
参考【WordPressにHTMLサイトマップを生成するプラグイン】PS Auto Sitemapの設定方法と使い方について。

続きを見る

人間(読者)がブログに訪問した時に「このブログにはどんな記事があるんだろう?」という疑問を解決してくれるのがサイトマップです。

 

 

固定ページにサイトマップを自動生成してくれるようになり、記事が探しやすくなりアクセスアップ数がアップしたり、SEOにも有利になります。

 

プラグインを使わない場合には自作で設置する方法もありますが、最初のうちは記事数も少ないのでプラグインに任せておいて、後から記事が増えたら自分で作るといいかもしれませんね。

 

WebSub/PubSubHubbub【自動でインデックス申請してくれる】

【インデックス申請を自動化する】WebSub/PubSubHubbubの設定方法。
参考【自動でインデックス申請】WebSub/PubSubHubbubの設定方法と使い方

続きを見る

WebSub/PubSubHubbubはブログを書いたら自動でインデックスリクエストの申請をしてくれるようになるプラグインです。

 

 

ブログ記事がGoogleの検索エンジンに表示されるためには、クロール(Googleのロボットが記事の情報収集)してインデックス(検索結果に表示)される仕組みになっているのですが、新規ドメインのブログだと中々インデックスされにくいんです。

 

なので自分から「記事を更新したから見に来てください」という感じでGoogleにアピールしてくれるする必要があるのですが、それを毎回自動化してくれるプラグインです。

 

Google Tag Manager for WordPress【Googleアナリティクスなどのタグを一括で管理】

【簡単】Google Tag Manager for WordPressの設定方法
参考【簡単】Google Tag Manager for WordPressプラグインの設定方法と使い方

続きを見る

Google関連のサービスを使う場合に便利なプラグインで、GoogleタグマネージャーのGTMタグをWordPressに設置するのが簡単になります。

 

 

今回は、GoogleアナリティクスのUAタグとGA4タグをGoogleタグマネージャーで一括で管理するための設定方法で解説しています。

 

 

Googleタグマネージャーを使いアナリティクスのタグをWordPressに設定する方法の記事もご覧ください。

 

Rich Table of Contents【ブログの目次を自動で生成してくれる】

ブログ記事を書いていると記事1つ1つに目次(見出し)をつけて文章を書いていく事になるのですが、このプラグインは目次を自動で生成してくれるようになります。

 

 

目次をつけていないブログやウェブサイトはあまりないと思うので、自分で毎回作りたくない場合に便利になります。

 

ブログの訪問読者は、まず目次から記事の内容を確認する事が多いので、目次を生成しておくと記事の全体像を把握しやすくなります。滞在時間や直帰率にも関係してくるので自作か自動での目次の設置は必須になります。

 

BackWPup【WordPressブログの自動バックアップ】

【WordPressバックアップ系プラグイン】BackWPupの設定方法
参考【WordPress自動バックアップ系プラグイン】BackWPupの設定方法と使い方

続きを見る

ブログのバックアップは超重要です。レンタルサーバー側でもバックアップは定期的に保存してくれていますが、万が一サーバー側に問題が生じた場合に最悪の結末を迎えてしまう可能性も0ではありません。

 

 

ブログのカスタマイズやプラグインの不具合が起きた場合に、専門的な知識が必要なデータベースにアクセスして修正しなくても、バックアップから復元した方が手っ取り早い場合が多いのでトラブルが発生したときの保険にもなります。

 

利用者も多く比較的に簡単なプラグインなので、BackWPupはオススメのプラグインです。

 

All-in-One WP Migration【ブログのコピーや引っ越しが簡単になる】

簡単なバックアップ系プラグイン「All-in-One WP Migration」について。
参考【WordPressのバックアップ系プラグイン】All-in-One WP Migrationの設定方法と使い方

続きを見る

最初のうちは使う事はないかもしれませんが、バックアップ系プラグインの一種です。

 

 

All-in-One WP Migrationは「画像、記事、プラグイン、デザイン」だけなど必要なデータのみをエクスポートして、自分のブログベースで新しくサイトを作ったり、友達にデータを渡してあげたい時に役立ちます。

 

僕はペラサイトや特化ブログを複数運営しているのですが、その時に大幅にインストール時間や設定時間などを大幅にカットする事ができて結構使っています。

 

必要に応じてインストールしてください。

 

EWWW Image Optimizer【画像サイズ圧縮でブログの表示速度を高速化】

【WordPress画像圧縮で高速化させるプラグイン】EWWW Image Optimizerの設定方法
参考【WordPress画像圧縮で高速化させるプラグイン】EWWW Image Optimizerの設定方法と使い方

続きを見る

ブログの表示速度に大きく関係するのが、画像サイズの重さが結構関係します。

 

 

EWWW Image Optimizerをインストールすると、画像を劣化させる事なく圧縮してくれるので画像の表示スピードがアップします。読者にとって表示速度の遅さがストレスになり、ブログの離脱率は表示速度が軽いか重たいかで大きく左右されてしまいます。

 

画像をたくさん使った記事などに大きく効果が発揮するプラグインなので導入しておいた方がいいと思いますよ。

 

Optimize Database【不要なデータを削除して表示速度を高速化とサーバーの負担を減らす】

Optimize Database after Deleting Revisionsとは?の設定方法
参考【リビジョンを自動削除するプラグイン】Optimize Databaseの設定方法と使い方

続きを見る

こちらもブログの表示速度に影響が出る無駄なリビョンのデータを削除してくれるプラグインです。

 

 

簡単にいうと、同じ記事でも下書き保存した回数だけ同じデータがどんどん蓄積されてしまうので、もう使わない不要なデータを自動削除してレンタルサーバーの負担を無くしてくれるプラグインになります。

 

不要なデータが蓄積し過ぎると表示速度にも影響が出てしまうので、やはり訪問ユーザーによくありません。

 

W3 Total Cache【キャッシュ生成と削除でデータベースを最適化=表示速度アップ】

【WordPressの表示速度を改善キャッシュ系プラグイン】W3 Total Cacheの設定方法。
参考【WordPressの表示速度を改善キャッシュ系プラグイン】W3 Total Cacheの設定方法。

続きを見る

少し難しいですが、キャッシュを生成しておくと読み込み時間を短縮してくれるようになります。一度読み込んだデータをリサイクルする事で再度読み込む時間を早くしてブログの表示速度を上げてくれるようにしてくれるプラグインです。

 

W3 Total Cache公式ページ

 

設定を失敗するとキャッシュ系プラグインは不具合が起きやすいので、バックアップを作成してからプラグインの設定を行うようにしてください。

 

同じキャッシュ系プラグイン同士で喧嘩して不具合を起こしてしまう事も多いので気を付けてください。参考記事通りに設定すれば大丈夫です。

 

Autoptimize【ソースコードを最適化して読み込み時間を短縮=ブログの表示速度がアップ】

【WordPressプラグインコード最適化でブログの表示速度を高速化】Autoptimizeの設定方法と使い方を解説
参考【WordPressプラグイン:ソースコード最適化でブログの表示速度を高速化】Autoptimizeの設定方法と使い方

続きを見る

Autoptimizeはインストールして設定しておくと「HTML、CSS、Java」などのコードを最適化してくれるようになります。

 

 

このあたりの専門的な言語はあまりブロガー深くは気にする必要はないと思いますが、わかりやすく言うと、記事を作成したりカスタマイズした時に使うコードをいい感じに圧縮してくれて、無駄なデータの読み込みを無くしてくれる事でブログの表示速度を上げてくれるプラグインです。

 

WordPressを使わないで自作でホームページを作ったりする人の領域のお話なので、僕も詳しくありません。。とりあえず参考記事を見ながら設定すればOKです。

 

Native Lazyload【画像の読み込み遅延で表示速度を落とさない=ブログの表示速度アップ】

【画像遅延で表示速度を改善プラグイン】Native Lazyloadの設定方法
参考【画像遅延でブログの表示速度を改善するプラグイン】Native Lazyloadの設定方法と使い方

続きを見る

画像の読み込みを遅延してくれる事で、ブログの読み込み時間に優先順位をつけて画像を後から読み込みしてくれるようになるプラグインです。

 

 

他のプラグインやテーマの標準機能で対応できる場合には必要はないプラグインになります。(AFFINGER6は不要)

 

画像をたくさん使うブログにはインストールしておいた方がいいかなと思います。

 

All In One SEO【SEO対策】

All In One SEOのプラグイン設定【デメリットも公開】
参考【WordPressの簡単SEO対策プラグイン】All In One SEOのプラグインの設定方法と使い方【デメリットも公開】

続きを見る

All In One SEOは不要なWordPressテーマもあるので参考記事をご確認ください。

 

 

SNSでのシェア、メタディスクリプション、タイトルタグ、noindexを設定できる機能を追加する事のできるプラグインです。

 

結構ブログ運営に重要な設定ばかりできるプラグインなので、SEO設定ができないテーマの場合はインストールが必要になります。このプラグインも重複して同じ機能をテーマ側でも設定してしまう事があるので注意してください。

 

Regenerate Thumbnails【画像を一括リサイズして再生成】

Regenerate Thumbnailsの設定方法
参考【サムネイル画像を一括リサイズ】RegenerateThumbnailsのプラグイン設定方法と使い方

続きを見る

ブログで使用している画像のサイズを一括で統一してくれるプラグインになります。

 

 

最初から画像サイズを自分で決めてアップロードしていれば使う事はないのですが、画像によって大きさがバラバラで後から気になった場合などにサイズを指定すると過去にアップロードした記事の画像などをリサイズして整えてくれます。

 

必要な場合だけインストールして使って、使い終わったら削除してしまいましょう。

 

TinyMCE Advanced【記事の作成が楽になる=時短でブログが書ける】

【ブログ記事を書きやすくするプラグイン】TinyMCE Advancedの設定方法。
参考【ブログ記事の作業効率爆上がりプラグイン】TinyMCE Advancedの設定方法。

続きを見る

WordPressでブログ記事を書くときにビジュアルエディターを使いやすくしてくれるプラグインです。

 

 

とりあえず導入しておかないと記事を書くのに時間がかかり、いちいち面倒な作業時間を短縮してくれる事ができます。

 

AddQuicktagも一緒にインストールする事で更に記事の更新作業が楽になり時短ができます。

 

AddQuicktag【よく使うコードを登録してテンプレート化できる】

アフィリエイトリンクや記事でよく使う文書をショートコードとして登録する事ができるプラグインです。

 

 

例えば、アクセスを集めたい記事の定型文などを登録しておく事で一発で呼び出して記事に文章を貼り付ける事ができるようになります。

 

TinyMCE Advancedと組み合わせる事で記事の更新が楽になります。

 

Broken Link Checker【リンクエラーを自動で通知してくれる】

リンクエラーを通知してくれるプラグインBroken Link Checkerの設定方法
参考【URLリンクエラーを通知してくれるプラグイン】Broken Link Checkerの設定方法と使い方

続きを見る

ブログを運営していると発リンクをする機会が増えると思うのですが、「リンク先のブログが閉鎖したり、URLが変更になったり、アフィリエイトリンクが切れたり」した時に自動で通知してくれるようになります。

 

 

壊れたリンクをそのままにしておくと読者の利便性も下げて、Googleからもマイナスの評価になりかねません。

 

とりあえず、インストールして有効化しておくだけで通知してくれるので導入しておいた方がいいプラグインになります。

 

Contact Form7【お問合せフォームを簡単に設置】

スパム対策あり【WordPressお問い合わせフォーム】Contact Form7の設定方法。
参考スパム対策あり【WordPressお問い合わせフォーム】Contact Form7の設定方法と使い方

続きを見る

ブログ運営で必要なお問合せフォームを簡単に設置する事ができるプラグインです。

 

 

お客様からのお問合せや、仕事の依頼を獲得した場合はお問合せフォームは必須です。

 

Googleアドセンスに申し込みをする場合にも必要になるので、自作でお問合せフォームを作成できない場合に便利なプラグインになります。

 

WP Multibyte Patch【日本語の文字化けを防いでくれる】

【WordPress文字化け解消プラグイン】WP Multibyte Patchのインストール方法。
参考【WordPress文字化け解消プラグイン】WP Multibyte Patchの設定方法と使い方

続きを見る

WordPressは英語圏のサービスなので日本語に完全対応しているわけではありません。

 

 

日本語の文字化けをたまに起こしてしまうのですが、とりあえずインストールして有効化しておくだけで文字化けしなくなるのでインストールしておいた方がいいプラグインになります。

 

Akismet Anti-Spam【セキュリティ系スパムコメントを削除】

【Word Pressスパムコメント撃退プラグイン】Akismet Anti-Spamの設定方法と使い方
参考【Word Pressセキュリティ問題を解決:スパムコメント撃退プラグイン】Akismet Anti-Spamの設定方法と使い方

続きを見る

WordPressは自分でセキュリティ対策をしなければいけないのですが、ブログ運営で訪問ユーザーからのコメント欄を開放している場合に導入必須のプラグインになります。

 

 

勝手に変なリンクを貼られたり、BOTによる悪事を阻止してくれようになります。

 

コメント欄を開放していなければ必要ありません。

 

WordPressプラグインについて【まとめ】

WordPressプラグインについて【まとめ】

WordPressプラグインについて【まとめ】

うた
WordPressプラグインについてまとめます。

 

  • プラグインはWordPressの機能を便利に拡張してくれる
  • プラグインの入れ過ぎには注意
  • プラグインやテーマの相性で不具合を起こす場合もある

 

うた
という事に注意して、オススメプラグインと必須プラグインをインストールして、WordPressを便利にカスタマイズしてみてください。

 

ブログ初心者にオススメのWordPressプラグイン【2021年版】に飛ぶ。

 

今回は以上になります。おつかれさまでした。

 

-Word Press, Word Pressプラグイン, WordPress初期設定
-, ,