Word Press Word Pressプラグイン WordPress初期設定

【リビジョンを自動削除するプラグイン】Optimize Databaseの設定方法と使い方

Optimize Database after Deleting Revisionsとは?の設定方法
まう
記事のリビョンが溜まるとブログの表示速度に影響が出ると聞きました。どうすれば解決できますか?

 

うた
そんな疑問に答えます👍

 

こんな悩みを解決します

ブログ初心者

ブログ初心者くん

  • リビジョンを自動で削除したい
  • 表示速度を改善したい
  • WordPress管理画面が重たくなった

この記事の内容は?

  • リビジョンが溜まり過ぎるとよくない件について
  • Optimize Databaseで自動でリビジョン削除させる設定方法

 

エモいブログへようこそ。本記事の信頼性

【ブログ歴8年,美容師歴13年】フリーで美容師をやりながら、ブログでご飯を食べています。フリーランス向けのブログ集客や副業ブログの始め方などを中心にブログを更新していきます。ブログについて疑問などがあれば気軽にTwitterからDMください。

 

WordPressでブログを更新していると色んな要素が積み重なり表示速度が低下していってしまうのですが、今回はブログ記事を下書きしたり更新する度にデータベースに蓄積していくリビョンを削除しましょう。というお話の記事になります。

 

そこで、Optimize Database after Deleting Revisionsというプラグインを使うと設定に対して自動で働いてくれてリビジョン削除をしてくれるようになります。設定方法などを説明していくので参考にしてみてください。

 

うた
WordPressの表示速度を改善するプラグインは他にもあるので参考にしてみてください。

 

それでは、本題にはいります。

 

Let's Go!!!

 

Optimize Database after Deleting Revisionsとは?【記事の古い更新データ】

Optimize Database after Deleting Revisionsとは?

Optimize Database after Deleting Revisionsとは?

うた
Optimize Database after Deleting Revisionsは記事1つ1つに蓄積されたリビジョンを自動で削除してくれるプラグインです。

 

WordPressで書いた記事や画像や設定などはレンタルサーバー内のデータベースに蓄積されていくのですが、意外と記事のリビジョンについて知らないブロガーさんも多かったりします。

 

リビジョンとは、過去の記事の更新情報の事で下書き保存をするたびにデータベースに書き込まれていきます。つまり不要なデータがどんどん溜まっていきブログに悪影響を与えます。

 

スマホに同じ画像が何枚も入っているのと同じで、蓄積され続けると塵も積もれば山となる方式で無駄なデータが増えてしまう状態になり、サーバーに負担をかけてしまいます。

 

うた
表示速度にも影響してくるのでプラグインに頼って定期的にクリーンアップしましょう。

 

Optimize Database after Deleting Revisionsのメリット

うた
Optimize Database after Deleting Revisionsのメリットについて
  • 過去の記事の下書きのリビジョンを自動で消してくれる
  • サーバーの負担を抑えてくれる
  • テーマファイル wp-config.php をいじらない

 

リビジョンは同じ記事の過去編集を復活させたい便利ですが、溜まり過ぎると表示速度に影響を与えます。

 

リビジョンが蓄積された記事

リビジョンが蓄積された記事

この記事はまだリビジョンは7ですが、気が付いたら100とか普通に蓄積されてしまいます。下書き保存や更新を押した回数が溜っていくので、何十記事にもなったら結構ヤバいかと。。

 

プラグインなしでやる場合は、テーマファイル wp-config.php にコードを追記しないといけないのですが、むずかしかったりするのでプラグインで済ませられるのが助かります。

 

Optimize Database after Deleting Revisionsは、保存数の指定や自動削除のスケジュールを指定すればあとは勝手に仕事をしてくれますよ。

 

Optimize Database after Deleting Revisionsのデメリット

うた
Optimize Database after Deleting Revisionsのデメリットについて
  • とくになし
  • 消し過ぎると過去の記事に戻れない事がある

 

リビジョンは5ぐらいあれば問題ないので設定だけ気を付ければ大丈夫です。

 

エラーが起きた場合には、プラグインの停止や削除をしてWordPressテーマや他のプラグインとの機能の重複を疑ってください。

 

うた
ブログのバックアップさえとっておけばミスって取り返しの使いない事になっても安心なので、必ずバックアップは定期的に行うようにしてくださいね。

 

【WordPressバックアップ系プラグイン】BackWPupの設定方法
参考【WordPress自動バックアップ系プラグイン】BackWPupの設定方法と使い方

続きを見る

 

Optimize Database after Deleting Revisionsの設定方法と使い方【本編】

Optimize Database after Deleting Revisionsの設定方法

Optimize Database after Deleting Revisionsの設定方法

新規プラグイン追加でOptimize Database after Deleting Revisionsをインストールしてください。

 

プラグインのインストールを方法がわからない方はこちらの記事をご確認ください。

 

 

インストールしたら有効化してください。

 

Optimize Database after Deleting Revisions

  1. ダッシュボード
  2. 設定
  3. データベース最適化

設定を変更するをクリックします。

 

Optimize Database after Deleting Revisions

  • Delete revisions older thanすべてにチェックをいれる。
    リビジョンの保存日数を設定する項目を選びます。

 

  • Maximum number of – most recent – revisions to keep per post / page
    保存の上限数です。5とかでいいです。

 

Optimize Database after Deleting Revisions

ここは全部チェック入れなくていいです。

 

定期的に実行は自動削除の頻度です。時刻も設定できます。

 

設定を保存して終了です。

 

Optimize Database after Deleting Revisions

  • Analyzing (summary)
  • Optimize (summary)

から削除したデータの詳細が見れますがあまり気にしなくてもいいです。

 

以上でOptimize Database after Deleting Revisionsの設定は終了です。

 

Optimize Database after Deleting Revisionsについて【まとめ】

Optimize Database after Deleting Revisionsについて【まとめ】

Optimize Database after Deleting Revisionsについて【まとめ】

うた
Optimize Database after Deleting Revisionsについてまとめます。
  • Optimize Database after Deleting Revisionsは記事や固定ページなどの不要なリビジョンを自動で削除してくれる。
  • プラグインを使わない場合は設定がめんどくさい。
  • リビジョンが肥大化するのを防いでくれる

 

他のキャッシュ系プラグインはインストールしているけど、リビジョンは意外とブロガーの盲点です。

 

ページの表示速度はSEOにも大きく影響するのでWordPressを高速化して使うためにインストールしておきましょう。

 

うた
こちらの記事でもWordPressの表示速度を改善のプラグインを解説しています。

 

今回は以上になります。おつかれさまでした。

 

-Word Press, Word Pressプラグイン, WordPress初期設定
-, , ,