WordPress WordPressプラグイン WordPress初期設定

【ブログ記事の作業効率爆上がりプラグイン】TinyMCE Advancedの設定方法。

【ブログ記事を書きやすくするプラグイン】TinyMCE Advancedの設定方法。
まう
ブログで記事を書く作業効率を上げたいです。

 

うた
そんな疑問に答えます👍

 

こんな悩みを解決します

ブログ初心者

ブログ初心者くん

  • 記事をもっと楽に書きたい
  • HTMLを毎回書くのが大変
  • 文字の装飾などを簡単にしたい

この記事の内容は?

  • プラグインを使い記事更新の作業を効率化する方法
  • TinyMCE Advancedの具体的使い方と設定方法。

エモいブログへようこそ。本記事の信頼性

【ブログ歴8年,美容師歴13年】フリーで美容師をやりながら、ブログでご飯を食べています。フリーランス向けのブログ集客や副業ブログの始め方などを中心にブログを更新していきます。ブログについて疑問などがあれば気軽にTwitterからDMください。

 

ブログを書く時にHTMLを毎回書くの面倒じゃないですか?それにブログを始めたつもりなのに、HTMLのコードに手こずるって記事の更新に集中できない。なんて悩みを解決するTinyMCE Advancedというプラグインを解説していきます。

 

このプラグインをインストールするだけで記事の更新がかなりに楽になります。

 

ほとんどのブロガーが導入しているプラグインなので、使い方を覚えて記事更新に集中しましょう。

 

うた
AddQuicktagも組み合わてWordPressにインストールしておくと記事の更新作業がさらに楽になりますよ。

 

 

それでは、本題にはいります。

 

Let's Go!!!

 

TinyMCE Advancedとは?【ビジュアルエディターが使いやすくなる】

TinyMCE Advancedとは?

TinyMCE Advancedとは?

うた
TinyMCE Advancedとは、WordPressのエディタのを使い記事を書く作業を簡単にしてくれるプラグインです。

 

Classic Editor(クラシックエディター)を使っている人は定番ですね。

 

TinyMCE Advancedは有効化するだけで、HTMLやCSSの知識がなくても、テーブルを作ったり、文字に装飾をつけたり簡単にできます。

 

正直、このプラグインがないと記事を書けないので導入必須です。

 

TinyMCE Advancedのメリット

TinyMCE Advancedのメリットは、

  • 知識不要でエディターを激的に使いやすくしてくれる。
  • とにかく、記事を書くのが楽になる

 

TinyMCE Advanced 有効化前

TinyMCE Advanced 有効化前

TinyMCE Advancedは、まだ有効化前です。

 

有効化すると

TinyMCE Advanced 有効化

TinyMCE Advanced 有効化

TinyMCE Advancedを有効化しました。

 

僕はAffinger6を使っているので、ステ子とかタグがでていますが、こんな感じで便利になります。

 

動きます

 

うた
こんな事ができます

 

テーマによって違うので確認してください。

 

TinyMCE Advancedのデメリット

TinyMCE Advancedのデメリットは、

  • デメリットはなし

 

インストール必須です。

 

エラーが起きた場合には、プラグインの停止や削除をしてWordPressテーマや他のプラグインとの機能の重複を疑ってください。

 

うた
ブログのバックアップさえとっておけばミスって取り返しの使いない事になっても安心なので、必ずバックアップは定期的に行うようにしてくださいね。

 

【WordPressバックアップ系プラグイン】BackWPupの設定方法
参考【WordPress自動バックアップ系プラグイン】BackWPupの設定方法と使い方

続きを見る

 

TinyMCE Advancedの設定方法と使い方【本編】

TinyMCE Advancedの設定方法

TinyMCE Advancedの設定方法

新規プラグイン追加でTinyMCE Advancedをインストールしてください。

 

プラグインのインストールを方法がわからない方はこちらの記事をご確認ください。

 

 

インストールしたら有効化するだけです。

 

デフォルトでオッケー。

 

ブロックエディターをクラシックエディターに置き換える

ブロックエディターをクラシックエディター切り替える方法

  • ブロックエディターをクラシックエディターに置き換える

 

こちらにチェックをいれると、Gutenberg(グーデンベルク)とClassic Editor(クラシックエディター)を切り替えて使う事ができます。

 

書きやすい方のエディターをでブログを書いてください。

 

たぶん、別途でClassic Editorのプラグインはインストールする必要はないかなと思います。

 

TinyMCE Advanced 「エディタの使い方」

うた
直感で使えるプラグインなのでサクッと説明していきます。

 

ビジュアルとテキストモードの切り替え方法

ビジュアルとテキストモードの切り替え方法

ビジュアルとテキストモードの切り替え方法

 

見出し「段落」の使い方

見出し「段落」の使い方

見出し「段落」の使い方

段落をクリックすると記事本文に見出しを付ける事ができます。

 

見出しは絶対に使いこなせるようになりましょう。

 

とはいえ、簡単です。

 

見出し「段落」の使い方

見出し「段落」の使い方

カスタマイズされていますが、記事本文中にこんな感じで表示されます。

 

フォントの文字色、大きさの変更

  • 太文字
  • 文字寄せる
  • 文字色の変更

文字の大きさ、位置、色などを変更できます。

 

文字装飾

文字装飾はこんな感じ

直感的に文字の装飾ができます。

 

リストの使い方

リストの使い方

リストの使い方

  • リスト数字なし
  • リスト数字なし
  • リスト数字なし
  1. リスト数字あり
  2. リスト数字あり
  3. リスト数字あり

リストは使用頻度が高いです。

 

なにかの箇条書きや手順を説明する時によく使います。

 

リンクの挿入とリンクの削除

リンクの挿入とリンクの削除

リンク挿入と削除

「a href」(エー・エッチレフ)のタグを簡単に入れられます。

 

<a href="https://www.audidude.com/"><img src="" alt="トップページ"></a>がボタン一発です。

トップページに戻るを簡単に挿入できます。(別ウィンドウで開くようにしています。)

 

アフィリエイトリンクや内部リンクに使用します。

 

引用タグの使い方

引用タグ

引用タグ

 

 

引用(blockquote)とは?

他サイトの文章などをコピーコンテンツではなく、引用してきた文章と表記する時に使います。

そのままコピーペーストで本文に記載する時に使いましょう

こんな感じで使えます。

 

厚生労働省のデータをそのまま自分のブログに記載したいって時とか、他サイトから何か引用する時に必ず引用タグを使ってください。

 

コピーコンテンツはペナルティの対象になります。

 

テーブルの使い方

テーブル(表)

テーブル(表)

テーブル(表)を挿入

テーブル(表)を挿入

こんな感じで表を作成することができます。

 

AddQuicktagとTinyMCE Advancedの組み合わせ

AddQuicktagを使う

AddQuicktagを使う

AddQuicktagというプラグインがありますが、TinyMCE Advancedと組み合わせるとより使いやすくなります。

 

コードを登録するとQuicktagが現れます。ここからすぐにカスタマイズしたコードを飛び出せるようになります。

 

TinyMCE Advancedについて【まとめ】

TinyMCE Advancedについて【まとめ】

TinyMCE Advancedについて【まとめ】

うた
TinyMCE Advancedについてまとめます。

 

  • TinyMCE Advancedをインストールすると記事を楽に書ける
  • HTMLなどの知識が必要なく装飾ができる
  • 時間短縮ができる
  • AddQuicktagと組み合わせるとさらに便利になる

 

 

メリットしかないプラグインなのでインストールしておきましょう。

 

今回は以上になります。おつかれさまでした。

 

-WordPress, WordPressプラグイン, WordPress初期設定
-, ,