WordPress WordPressプラグイン WordPress初期設定

【爆速ブログ】WordPressの表示速度を高速化「W3 Total Cacheの設定方法」

【WordPressの表示速度を改善キャッシュ系プラグイン】W3 Total Cacheの設定方法。
まう
WordPressの表示速度を上げる方法が知りたいです。キャッシュ系プラグインってなんですか?

 

うた
そんな疑問に答えます👍

 

こんな悩みを解決します

ブログ初心者

ブログ初心者くん

  • WordPressの表示速度が遅くて困っている
  • 簡単に表示速度を改善したい
  • ブログの表示を爆速にして読者の利便性を上げたい

この記事の内容は?

  • キャッシュ系プラグインの重要性
  • ブログを高速化するW3 Total Cacheの設定方法

 

エモいブログへようこそ。本記事の信頼性

【ブログ歴8年,美容師歴13年】フリーで美容師をやりながら、ブログでご飯を食べています。フリーランス向けのブログ集客や副業ブログの始め方などを中心にブログを更新していきます。ブログについて疑問などがあれば気軽にTwitterからDMください。

 

ブログを始めてやった方にはあまり馴染みがないかもしれませんが、WordPressは画像データ、HTMLなどのコード、文字の装飾などはすべて表示速度に関係していて、重たいものや軽いもの様々なのですが、ちゃんと管理して最適化をしておかないとブログの表示速度に影響が出てしまう事があります。

 

プラグインを使わないで解決する方法もあるかもしれませんが、かなり専門的な知識が必要になりSEでもない限り解決は困難だと思われます。

 

じゃあ、知識がない人はできないのか?と言われるとWordPressのプラグインで簡単に解決する事ができます。

 

今日はブログの表示速度に関係するキャッシュ生成について解決してくれるW3 Total Cacheについて記事を書いたので設定方法などを解説していきます。

 

うた
WordPressは他にも表示速度を高速化させる方法があるので、こちらもチェックをしてください。

 

それでは、本題にはいります。

 

Let's Go!!!

 

↓読み飛ばして重要ポイントを見る↓
本編W3 Total Cacheの設定方法

 

キャッシュを生成すると、ブログが高速化する。

キャッシュを生成すると、ブログが高速化する。

キャッシュを生成すると、ブログが高速化する。

うた
WordPressでブログを立ち上げて、表示スピードがなんか遅くなったと感じた事はありませんか?

 

アクセス数が増えてくると、どうしても表示速度が遅くなったり、モタモタしてストレスの原因になってしまう事があると思うのですが、それを解消してくれるのがキャッシュの生成です。

 

キャッシュを生成すると、1度表示して読み込んだページのデータを保存しておいてくれるようになり、毎回ページを読み込みする時にサーバーの負荷を軽減してくれるようになります。

 

専門的に仕組みは難しいのですが、簡単にいうと一度読み込んだページを再度読み込むと時間もかかり、サーバーにもページを開く度に負担がかかるので、キャッシュをリサイクルして何度も同じページを読み込む必要をなくしてしまう事で表示速度を落とさないようにさせてしまう事です。

 

とにかく、キャッシュを生成すると無駄をなくして快適にウェブサイトを見れるようになります。

 

W3 Total Cache とは?【キャッシュの削除と生成をする】

W3 Total Cache とは?

W3 Total Cache とは?

うた
W3 Total Cacheは、キャッシュを生成しておく事で、ブログの表示速度を高速化してくれるプラグインです。

 

W3 Total Cacheでは以下のキャッシュを生成して表示速度を改善してくれるようになります。

 

  • ページキャッシュ
  • オプコードキャッシュ
  • データベースキャッシュ
  • オブジェクトキャッシュ
  • ブラウザキャッシュ
  • フラグメントキャッシュ

 

キャッシュを生成をしてくれるプラグインは他にも色々ありますが、僕はAffinger6で推奨されているプラグインなので導入しています。

 

もちろん、CocconでもW3 Total Cacheは表示速度のパフォーマンスを上げてくれるのでインストールしておきましょう。

 

W3 Total Cache のメリット

うた
W3 Total Cache のメリットについて

 

  • キャッシュを生成してくれるので表示速度を高速化してくれる
  • SEOに強くなる
  • 読者のストレスを軽減できる
  • サーバーの負担を減らせる

 

ブログやウェブサイトの表示速度はSEOで重要な指標になるので、検索エンジンで上位表示を目指すなら導入しておくべきプラグインです。

 

W3 Total Cache のデメリット

うた
W3 Total Cache のデメリットについて

 

  • キャッシュが原因でカスタマイズが反映されない場合がある
  • 機能が重複したプラグインを使うと、不具合をおこす場合がある

 

設定や使い方を間違えると、不具合をおこしたりトラブルの原因になる可能性があります。カスタマイズやデザインが反映されない場合はキャッシュの削除をする事で解消するパターンが多いので、焦らないでください。

 

エラーが起きた場合には、プラグインの停止や削除をしてWordPressテーマや他のプラグインとの機能の重複を疑ってください。

 

うた
ブログのバックアップさえとっておけばミスって取り返しの使いない事になっても安心なので、必ずバックアップは定期的に行うようにしてくださいね。

 

【WordPressバックアップ系プラグイン】BackWPupの設定方法
参考【WordPress自動バックアップ系プラグイン】BackWPupの設定方法と使い方

続きを見る

 

W3 Total Cacheと相性の悪いプラグイン(キャッシュ系)

このあたりの他のキャッシュ系プラグインは要注意してください。

 

  • WP Super Cache
  • DB Cache Reloaded Fix
  • WP Widget Cache
  • Quick Cache
  • WP Fastest Cache
  • LiteSpeed Cache

 

重複する機能しかないので、不具合の可能性が高いので1つだけにしましょう。

 

W3 Total Cacheの設定方法と使い方【本編】

W3 Total Cacheの設定方法

W3 Total Cacheの設定方法

新規プラグイン追加でW3 Total Cache をインストールしてください。

 

プラグインのインストールを方法がわからない方はこちらの記事をご確認ください。

 

 

インストールしたら有効化してください。

 

W3 Total Cacheの設定方法2

  1. ダッシュボード
  2. パフォーマンス

 

ここからキャッシュの設定をしていきます。

 

ダッシュボード

ダッシュボード

ダッシュボード

とくに設定項目はないですが、設定完了後に「ページキャッシュを破棄する」をクリックしたら生成されたキャッシュを削除できます。

 

Feature Showcase

Feature Showcase

Feature Showcase

各項目の設定にスキップする事ができますが、重要ではありません。

 

一般設定

一般設定

一般設定

Preview mode 有効化なし

Use preview mode to test configuration scenarios prior to releasing them (deploy) on the actual site. Preview mode remains active even after deploying settings until the feature is disabled.

プレビューモードは、実際のサイトに設定を公開(デプロイ)する前に、設定シナリオをテストするために使用します。プレビューモードは、設定をデプロイした後も、機能を無効にするまで有効です。

 

有効化するとプレビューを見ながら設定ができるようですが、とくに有効化しなくても問題ありません。

 

一般設定 ページキャッシュ

ページキャッシュ

ページキャッシュ

ページキャッシュ 有効化
ページキャッシュ方法 ディスク拡張

ページ・キャッシュは、ブログの表示速度を高速化させるためにキャッシュの事です。

 

有効化しておきましょう。

 

一般設定 圧縮

圧縮

圧縮

圧縮 有効化
圧縮モード 自動
Minify キャッシュ方式 ディスク
HTML 圧縮ツール Minify(default)
JS 圧縮ツール JSMin(既定値)
CSS 圧縮ツール Minify(default)

HTML、CSSの、JSのソースを最適化するための設定です。

 

圧縮を有効化しましょう。

 

一般設定 オプコードキャッシュ

オプコードキャッシュ(PHP)

オプコードキャッシュ

Opcode Cache Opcode Zend Opcache
Validate timestamps: 有効化なし

OPcacheとはPHPのキャッシュなのですが、有料プランなのでスルーしてください。

 

一般設定 データベースキャッシュ

データベースキャッシュ

データベースキャッシュ

データベースキャッシュ 有効化
データベースキャッシュ ディスク

データのキャッシュです。サーバーから頻繁にデータを呼び出す負担を減らしてくれます。

 

有効化します。

 

一般設定 オブジェクトキャッシュ

オブジェクトキャッシュ(メモリ)

オブジェクトキャッシュ(メモリ)

オブジェクトキャッシュ 有効化
オブジェクトキャッシュの方法 ディスク

ここもPHPの設定です。

 

有効化します。

 

一般設定 ブラウザキャッシュ

ブラウザキャッシュ

ブラウザキャッシュ

ブラウザキャッシュ 有効化

サーバーアクセスの負担を軽減してくれます。

 

有効化します。

 

一般設定 CDN

CDN

CDN

CDN 有効化なし
CDNタイプ StackPath(recommendwd)
FSD CDN 有効化なし

コンテンツ デリバリー ネットワークといいますが、このままで。

 

一般設定 リバースキシプロキシ

リバースキシプロキシ

リバースキシプロキシ

Enable reverse proxy caching via varnish チェックなし
Varnish サーバー: 空白

チェックなしです。

 

一般設定 User Experience

User Experience

User Experience

Lazy Load Images チェックなし
Disable Emoji チェックなし
Disable wp-embed script チェックなし
isable jquery-migrate on the front-end チェックなし

チェックなしです。

 

Lazy Load Imagesは有効化してみたら画像が表示されなくなりました。

 

Lazy Loadのプラグインを別途インストールした方がよさそうですね。

 

【画像遅延で表示速度を改善プラグイン】Native Lazyloadの設定方法
参考【画像遅延でブログの表示速度を改善するプラグイン】Native Lazyloadの設定方法と使い方

続きを見る

 

 

一般設定 Statistics

Statistics

Statistics

statistics チェックなし

チェックなしです。

 

一般設定 フラグメントキャッシュ

フラグメントキャッシュ

フラグメントキャッシュ

デフォルトで。

 

一般設定 ライセンス

ライセンス

ライセンス

空白で。

 

一般設定 その他

その他

その他1

その他2

その他2

Google Page Speed ダッシュボードウィジェットを有効化 なし
Page Speed API キー: なし
Key Restriction (Referrer): なし
Show page rating in admin bar チェックなし
書き換えルールを確認 チェック
ファイルロックを有効化 チェックなし
NFS 向けにディスクの拡張ページを最適化する チェックなし
Fix document root path チェックなし
Anonymously track usage to improve product quality チェックなし
Enable robots.txt blocking for cache directory チェックなし

Google Page Speed ダッシュボードウィジェットを有効化は画像でチェックなしで、表示されませんでした。

 

書き換えルールを確認のみチェックありで。

 

一般設定 デバッグ

デバッグ

デバッグ

デバックモード すべてチェックなし

チェックなしで。

 

一般設定 Purge Log

Purge Log

Purge Log

Purge Log すべてチェックなし

チェックなしで。

 

一般設定 インポート、エクスポート設定

インポート、エクスポート設定

インポート、エクスポート設定

W3 Total Cacheの設定をインポートしたり、エクスポートができます。

 

W3 Total Cacheについて【まとめ】

W3 Total Cacheについて【まとめ】

W3 Total Cacheについて【まとめ】

うた
W3 Total Cacheについてまとめます。

 

  • W3 Total Cacheはキャッシュ生成してサーバーの負担を減らしブログの表示速度を改善してくれる
  • ブログの表示速度アップに貢献してくれる
  • プラグイン同士の不具合に気をつける

 

ブログの表示速度は読者にもSEOにも大きく関係するので、なるべく爆速を目指しましょう!

 

相性が悪く不具合の起きる可能性の高いキャッシュ系プラグインは

  • WP Super Cache
  • DB Cache Reloaded Fix
  • WP Widget Cache
  • Quick Cache
  • WP Fastest Cache
  • LiteSpeed Cache

なので気を付けてください。

 

うた
他にも高速化の方法があるのでこちらの記事からプラグインを設定してみてください。

 

今回は以上になります。おつかれさまでした。

 

-WordPress, WordPressプラグイン, WordPress初期設定
-, , ,